好きなことを好きなだけ

歌が好き、ボカロとかアニソンも好き!日々感じたことを綴っています。

60代を会社戦力とするために『再雇用』を考える。

人生が100年時代と言われだして老後という言葉が失くなりつつある。

 

元気で動ける間はずっと働かないといけないような雰囲気を世の中が醸し出しているが、相変わらず会社には定年が設定されていて60歳で辞めないといけない。

 

今政府が検討して動いているのは、定年を迎えても同じ会社で働くことを希望する人に再雇用して働けるようにすることである。

 

現在は再雇用によって65歳まで働くことが出来る。

これを70歳まで働けるように期間を5歳延長する検討がされているようだ。

 

再雇用期間を70歳までにするということは、「元気な60代は働いてくれ」ということだと思うが、再雇用で働く期間を延長するこのやりかたは時代にそぐわなくないと私は思う。

 

私の場合はあと5年で60歳、そこで定年を迎える。

その時にならないと分からないが60歳でリタイヤするなんて考えられない。

 

私は60歳でも働いているか、はたまた勉強をやり直しているか、どちらかだろうと思う。

 

60歳の私がしていることを考えると、一番可能性が高いのは今の会社で再雇用で働くこと。

 

手慣れたシステムを使って同じ職種の仕事を継続するのが楽かなぁと思ったりしている。

 

60歳の区切りで転職したとしても望む業種の仕事につけるとは限らない。

違う会社で初めての職場、初めてのシステム、そしてまったく新しい人間関係。

 

60歳で新たに人間関係を構築していくことを考えたら、今の会社での再雇用を考えるほうがずっと楽なのである。

 

ただし同じ会社で働いても、『再雇用』なのである。

 

現在の雇用契約を延長するのではなくて再雇用されるのです。

 

再雇用のデメリットは給与が大幅にダウンすること。

私の会社で昨年に定年を迎えた先輩がいます。

再雇用で働き続けている先輩に聞いた話では給料手取り額は定年前のほぼ半額。

 

同じような仕事を継続していても、会社からもらえるサラリーは半分になると考えておかないといけないということ。

 

今までもらっていた給料の半額しかもらえないとなれば、モチベーションも上がらないだろうし職場での存在感とか仕事面での責任も薄くなるでしょう。

 

その分は気楽に仕事が出来そうな気もしますが、本当にそうでしょうか?

 

職場の人材が定年や退職でいなくなっても、労働人工が減少している今の世の中では人の補充がされることなく少ないままだと私は思います。

 

まだまだ気力のある60歳代の人たちを戦力と考えるならば、再雇用するいまのやり方ではダメでないだろうか。

 

腰掛けでなく戦力として働いてもらう。

そのためには『再雇用』ではなくて『延長雇用』を考えなければいけないのではないだろうか?

 

それが100年時代の働きかたにつながっていくのだと私は思う。

 

オンライン英会話を4ヶ月続けた今に思うこと。

TOEICの最高点が400点台な私が、オンライン英会話を始めてから4ヶ月がたちました。

 

仕事でも日々の暮らしでも英会話は重要なことは分かっているつもりです。

いつか近い将来には必ず英会話能力が問われるようになる、そんな気がしてなりません。

 

でも普段は工場にこもりきりで日本語でしか話をしない仕事をしていたら、ぜんぜん危機感が沸かないものです。

 

そんな私が一念発起してオンライン英会話を始めてから4ヶ月が経とうとしています。

 

4ヶ月続けて、何か変わったのか、何も変わらなかったかを書いていきたいと思います。

 

 

オンライン英会話を開始するまではほとんど英語で話す機会はありませんでした。

 

海外に最後に出かけたのも15年くらい前のことです。

 

仕事で英文メールでのやりとりは少しはありました。

でもほとんどが日本語だけの暮らしと仕事をしています。

 

そんな私が英会話を始めたらどうでしょう?

 

英会話を始めてすぐに気づいたのは、こんなに外国人とコミュニケーションしたことがないことです。

 

過去にも英会話スクールで学んだことがありますし、海外に出張したことも1度や2度ではありません。

 

でもパソコン画面を通してではありますが、こんなに外国人と話をしたことがありません。

 

授業は1回当たりたった25分の時間です。

マンツーマンで直接話をすることがとっても珍しくて新鮮な気持ちにしてくれます。

 

最近は日本人と話するのも減っている私…ぼっちな私だからかもしれませんが。笑

 

4ヶ月続けると始めた当初と違い、英語で話をすることに戸惑いがなくなってきます。

 

最初はハイとかハローの言葉でさえ口から出しにくいものでしたが、今は英語で話をすることに戸惑いがなくなってきたように思います。

 

先生が話たことのヒアリングもだいたいは分かります。

また分からないでも、聞き直したらさすがに英語の先生なので、ゆっくりしゃべってもくれます。チャットで文字でも教えてくれたりします。

 

でもこれは英語の先生だからですよね。

普通にこんな親切に会話してくれる人はまずいませんよね。

自分の会話力、ヒアリングのちからを上げていくしかないのでしょう。

 

さすがにオンライン英会話だけではヒアリングの底上げまでは難しいと思います。

英語字幕のビデオを観るとか独力で学習が必要だとは思います。

 

あとは発音、これは先生に何度も注意されています。

日本語にはない発音、のどを震わす、とか、舌を巻くとか色々やっかいです。

 

どうしても日本人は口先だけで会話してしまうようです。

 

先生には英語に聞こえないのでしょう。

何度も繰り返し練習しないさい! みたいな事を言われました。

 

オンライン英会話は25分授業を週に2回程度受講するだけでしたが、外国人と話をすることで、知らないことを知れたのと、私に不足している対人コミュニケーションを補ってくれる刺激的なチャンスだったと思います。

 

会話力がどこまで向上しているか疑問ではありますが、今は楽しく学習が出来ています。

 

長い目で見ていこうかな。そんな気持ちで続けていこうとしている私です。

京アニの事件から考えたこと。

もはやテロ行為といえる京アニでの火災。

お亡くなりになれた方々のご冥福をお祈りいたします。

 

私にとって京アニは『涼宮ハルヒの憂鬱』からお気に入りのアニメスタジオです。

その後くらいからアニメを観る機会がめっきりと減っていっても、『氷菓』とか、『聲の形』とかを観て映像のきれいさとか繊細さに感嘆していました。

 

京アニは京都を拠点にしたアニメスタジオ、東京ではないんだというくらいの認識でした。

当然、今回の事件まで京都のどこに工場や事務所があるかしりません。

 

あの事件で宇治とか六地蔵とか聞き慣れた地名がネットで飛び交っているのを聞いて、始めて地元と近いことを知りました。

 

私が育った街が京都の伏見、当然、宇治とか六地蔵は私の行動範囲内でした。

車や自転車でなんどもなんども訪れた街です。

それだけにとっても身近な街で起こった事件が他人事には思えませんでした。

 

今でこそ京都から離れて住んでいますが、自分という人間が形成されたのは間違いなくあの街です。

 

その街で起こった悲しい事件、私が思うにはもっと被害を小さくすることが出来なかったのかということです。

 

もちろん普通の災害に対処出来る対応や準備はされていたでしょう。

建物も建築基準法に合致していたようですし、「これ以上どうしろと?」とオーナーからは言われそうです。

 

でも火災の建物をぱっと見た感じ、私が思ったのは窓が少ないこと。

比較的おおきな建物にしては小さな窓しかなくて建物サイズに対して窓が少ないことが気になりました。

 

「そんな建物はいっぱいあるよ」言われればそれまでですがね。

 

確かに建築基準が守られているので十分なのかもしれないです。

でも実際に悲しい事件が発生した後で思うと、窓の数とか大きさとか、屋上とかベランダとか、もっと逃げ道を確保出来る作りに出来なかったのかということ。

 

もちろん、どれだけ強固に作った建物でも、セキュリティを高めたとしても、相手がテロリストだと想定すれば、全てが役たたずになるかもしれません。

 

テロリストは自身や仲間を犠牲にしてでも敵対者にダメージ与えるのが使命ですから、どれだけ強固にしても意味がないかもしれません。

 

でも火災で電力がダウンしても、煙が迫ってきたとしても、逃げるための選択肢は何本かあるべきだと思います。

 

私の勝手な思いですが私はそんな思いを持ちました。

 

では私の会社や職場であればどうでしょうか。

一応東西南北の角に全て階段があることと、壁には窓がいくつもあります。

その場でパニックが起きない限りはどれかのルート使って対応は出来そうだとは思っています。

 

安全なのが当たり前、それが今までの日本でした。

でも今はそうだと言いきれません、いつ何が起こるか分かりません。

今回の京アニの事件から、安全やセキュリティを常に考えて動かないといけない時代に突入したのかもしれません。

「なぜウォーキングを続けるのか?」 自分の答えです。

お医者に言われたからとか、体重増えたからとか、少しでも運動しなければとウォーキングを始めるひとは多いのでないでしょうか。

 

私も雨が降るとか何か都合がある以外は、ほぼ毎日ウォーキングをしています。

 

最初はよくある理由から、医者に「運動したほうがいいですよ」と言われたことが契機です。

 

突然「運動!」と言われたらどうします?私がその時に思いついたのは、

  • ジョギング
  • スポーツジム
  • ウォーキング

 

この3つしか思いつきませんでした。

そして選んだのがもっとも手軽なウォーキングです。

 

 

f:id:mac-3:20190909225557j:plain

ウォーキング

 

 

ウォーキングはからだへの負担が少なくてお金も掛からない有酸素運動

 

レーニングウェアとスポーツシューズを準備して気持ちを盛り上げて歩き始めました。

 

ウォーキングを始めて分かったことは、それは結構時間が掛かること。

 

まずは住んでる街を一周することを目標に歩き始めたのですが、だいたい1時間くらいウォーキングに時間を取られます。

その日の体調にもよりますが歩く時間は40分から50分くらい。

 

あとは自宅に戻ってから水分補給する時間とか、ウォーミングアップとか、クールダウンの時間。すべてを合わせれば1時間くらい掛かります。

 

毎日ウォーキングして体調が変わるのか?と言うと、私の場合は変わることがありませんでした。

それまでとまったく同じで変わらずでした。

 

体重もウォーキングを始めたからと落ちることもなく、それまでと同じ現状維持か、あるいは若干増えたりすることもありました。

 

わたしの場合は体調面でほとんど変化なく貢献してくらなかったウォーキングですが、メンタル面では効果を感じました。

 

いまだに歩くことを続けているのは、メンタル面での効果のおかげと言えと思います。

 

メンタル面に効果があったのはつぎの3つの要素によると思います。

  1. 気分転換
  2. 大好きな音楽を大きな音で聴ける
  3. 自分の街をリアルに分かる

 

1つ目は「気分転換」。

普段の平日は会社で仕事して自宅で食事、風呂、そして寝るだけです。

あと少しだけ趣味のネットを巡回するくらい。

ほとんどが室内、ウォーキングという理由をつけてやっと屋外活動をしています。

 

屋外活動は頭で考える以上に自然に触れ合えます。

暑さであるとか、風の強さ、月が丸いとか大きいとか…etc.

自宅と会社を往復するだけでは味わえない気分転換がウォーキングで得られます。

 

2つ目の「大好きな音楽を大きな音で聴ける」

ウォーキングのお供には、いつも大好きな音楽と歩いています。

 

歌が好きでも大きな音で音楽を聴けるチャンスってそうそうないと思いませんか?

 

自宅では家族とか隣近所が気になって常識的な音量でしか聴けません。

聴けるのはひとりで乗っている車かイヤホンで聴いている時くらい。

 

ウォーキングは歌を聴くチャンスですね。

 

3つ目の「自分の街をリアルに分かる」

自分が住んでいる街って、実はよく知らない…そんなことはありませんか?

 

知らない間に近所の居酒屋がラーメン屋に変わっていたり、コンビニの隣にお医者さんが開業していたりと、家と会社を往復しているだけでは自分が住んでいる街の変化に気づかないかもしれません。

 

でもウォーキングをしていると変化を目にすることが出来ます。

 

昨年9月の台風の後。

あの時は我が家の屋根も被災しましたが街のあちこちでも被害を目にしました。

 

神社の大木が倒れたり、お店の看板が飛ばされていたり、屋根のブルーシートをあちことで見かけたりと、自分の街をウォーキングして初めて実感として被害が分かります。

 

街のリアルな変化が分かるのがウォーキングの効果です。

 

自身の経験から云って、ウォーキングは体調面よりメンタルとか街のリアル変化が分かるとかに効果が”大”だと言えます。

 

自分の街を歩くことで今まで見えてこなかったものを、リアルに感じてみてはどうでしょうか?

 

 

藤川千愛さんライブ『Laika』へ参戦した感想です。

 

その日は台風接近で強めの風が吹いていた。

9月だというのに真夏を思わせる暑さの中、私は地元を離れて藤川千愛さんのライブが開催される名古屋まで遠征しました。

 

藤川千愛のライブ『Laika』はすでに7月に大阪でも開催されています。

地元大阪での開催に参戦出来ればよかったのだが、あいにくのブッキング。

すでにチケットを入手していた他のライブと開催日が重なっていたのです。

 

たくさんのライブに参戦するようになってから参戦したいライブの日程が重なることが多くなりました。

 

ライブは年中開催されているようですが開催時期って集中しているのです。

例えば平日より週末のほうが開催が多いですし、人を集めやすい夏休みとか春休みの連休前後もライブ開催が多くなるようです。だからブッキングも起こりやすい。

 

逆に11月なんかは人が集まりにくいのかライブ開催自体が少ないように感じています。

もっとバラけて開催してくれたら良いのにってのが私の思いです。

 

そんなこんなで今回は地元を離れて名古屋に遠征した藤川千愛さんのライブ『Laika』。

 

今回の名古屋が『Laika』ツアーの最終ということもあって、もしかして「サプライズ的なことがあるかも!?」をちょっと期待をしての参戦でした。

 

藤川千愛さんはまだデビューして1年たっていないアーティストさんで、今回のツアータイトルと同じアルバム「Laika」をGoogleサブスクで聴いたのが初めての出会いです。

 

初めて聴くアーティストさんなので最初は「いい感じかも」くらいに聴いていたのですが、彼女が歌う曲にはまるで魔力がこもっているかのようにアルバム収録曲を聴くたびに、「この曲いいわ」とサムアップ曲が一曲ずつ増えていったのです。

 

まれで曲に魅了されて深みに嵌められているみたいです。(笑)

 

藤川千愛さんはこれが初めての東名阪ワンマンライブです。

でもステージ上の振る舞い、MCに、そして歌にと、まさにエンタティナーでした。

自分が持っている魅力を存分に見せつけてくれました。

 

 

ソロデビューから期間が短く手持ち曲が少ないとも思っていましたが逆にそれがよかった。新曲を除けばほぼ知っている曲での構成です。

 

Laikaを始め、普段に聴いている曲を藤川千愛さんが目の前で生で歌ってくれる。

たとえ知らない曲でも、初めて出会った曲でも、ライブでは会場の雰囲気もあり、それなりに楽しめます。

でも知っている曲は違います、数段上の楽しさが味わえます。

 

『Laika』ツアーの最終だからではないですが新曲の初披露もありました。

しかも2回歌ってくれるサプライズ付きです!

 

というか、本人が初披露した歌に納得出来なかったようでアンコールで歌い直しでした。

確かに2度めの方が引き寄せられる魅力あるようには感じましたがよく分かりません。

 

藤川千愛さんの曲には何回か聴いて魅了される曲が多いですからね。

 

「続ける」ことの一番の早道は「習慣」にしてしまう事だと思う。

今年はこんなことやろう! とか、ことしこそ◯◯するぞ! と意気込むのはいいけど、そんな気持ちって長持ちがしませんよね。

 

気合が入っているうちはいいのですが、長く続けているとちょっと疲れてくるんだと思います。

気合が続かなくなった時が終了するとき。でもこれではなんか寂しいですよね。

 

「今年は続ける」と意気込んで始めたことでも、続けているうちにだんだんと疲れてきて気合が入らなくってくる。

だんだん続けるのが億劫になる、そんな体験はありませんか?

 

私にはそんな体験がいっぱいあります。笑

それはジョギングとか、日記とか、学生時分の夏休みの宿題とか…etc

数えだしたらきりがないくらい、挫折した経験は持っていますね。

 

でも最近は「やる」と決めたことがある程度出来るようになってきました。

 

例を上げると、ブログに西野流呼吸法、マインドフルネスにそしてウォーキング。

どれもがほぼ毎日の日課といえるくらいに続けることが出来ています。

 

以前の自分だったら途中で挫折して放り投げていたかもしれません。

以前となにが違うのでしょうか?

 

自分で考えて見ましたが、やはり「年齢」?

確かに年齢を重ねたので以前より根気強い人になったとは思います。

でもちょっと違うようにも思うんですね。

 

自分の中の答えは、やると決めたことを『習慣』にすることが出来るようになったからです。

 

毎日同じ場所で同じ時間から始めていく。

繰り返し実践を続けていくうちに”やること”が『習慣』になってくれます。

 

例えば、西野流呼吸法なんかは朝の寝起きに始めています。

 

暑い日や寒い日、そして体がだるい時もありますけど、呼吸を繰り返しているうちにだんだんと体調が整ってくれるのが分かるようになりました。

 

ちょっと辛い日でも習慣のちからで続けられています。

 

ブログもそうです。

若い頃は日記を書くことが続かない人だったのに、今では月に20回以上更新が出来ています。

 

ブログも同じような時間から書き始めて同じ場所でブログを更新していることが習慣化してくれたのだと思います。

 

「さあやるぞ!」と気合を入れるのは大事です。

最初は気合がないと前に進みませんから気合はとても大切だと思います。

 

でもずっと気合いを入れていると人間は疲れてきます、頑張れば頑張るほどに疲れてくるのだと思います。

 

気合を入れなくても続けるには、それは『習慣』にしてしまうことです。

 

習慣にさえ出来れば、ちょっと疲れていても、眠たくても、体や頭は着いてきてくれるものです。

 

気合いを入れるわけではないので精神的にも楽ですしね。

 

簡単なことでも、難しいことでも、何か続けたいなということがあれば、気合を入れて取り組むのではなくて、毎日同じ時間、同じ場所、同じ環境で『習慣』にしてしまう。

 

それが早道なのかもしれません。

「SH-M08」は必要機能十分で満足動作のスマホです。

AQUOSスマートフォン「SH-M08」を使い始めて2ヶ月以上がたちました。

時間が過ぎるのがとっても早いですね。

 

この「SH-M08」はエントリーモデルのSIMフリースマホですが、とっても使いやすくて気に入っているので紹介したいと思います。

 

「SH-M08」は派手な性能は持っていないどころか逆に特長にない地味な外観をしています。

画面は5.5型ですがスマホサイズとしてはコンパクトです。

小さなボディにカメラレンズも1つしか持っていません。

 

そんな見た目地味なスマホでも十分な必要機能が揃っています。

さらにその上に使い勝手がよくて不満が少ないところが、このスマホ最大の特長だと言えそうです。

 

使い勝手を含めて「SH-M08」の良い点を上げていきますね。

 

  1. 画面表示がキレイ!
  2. バッテリーが長持ち!
  3. 顔も指紋も認証が速い!
  4. ヌルヌルな動作が楽しめる!
  5. しかもおサイフケータイ機能付き

 

表示はさすがAQUOSIGZOの液晶表示は色の深みもあってとてもキレイです。

特に皆んなが写真を加工して掲載しているインスタでは、口から感嘆符が出そうになるくらいにきれいな写真に見えます。。

色の深みも明るさも実物以上!?に魅せてくれます。

 

次はバッテリー。

液晶は消費電力が少ないEGZOパネルを使っています。

この液晶パネルだけの実力ではないと思いますが、電池がなかなか減りません。

私がこまめに充電してしまう人で24時間中に、朝20%充電、そして夕方に10%充電、もうこれだけで一日は十分です。

 

しかも充電が速い!

今のスマホはみんな同じくらいに速いのかもしれませんが、今まで所持していたスマホでの充電と比べれば1番速いです。急速充電機能でも持っているのでしょうか?

 

次は顔認証と指紋認証

スマホのセキュリティとして顔と指紋を憶えさせています。

日に何回もセキュリティ解除していますが、解除のたびに顔も指紋もすぐに反応して解除してくれます。

 

利用可能状態になるのが速く、ほとんどストレスになりません。

「SH-M08」はストレスフリーで快適なスマホです。

 

次に動作です。

動作はヌルヌル動いてくれます。サクサク動作ではありません。

 

高級スマホと同じヌルヌルした動き、これって欲しかった機能です。

まさかエントリーモデルなこの機種で手に入るとは思っていませんでした。

 

そして最後はおサイフケータイ機能。

まだ利用していないので良いとか悪いは言えませんが使えるにこしたことありませんよね。

 

「SH-M08」は見た目の派手さがない価格の安いエントリーモデルですが、持っている人に「これで十分」という満足感、安心感を与えてくれる、機能が揃ったスマホです。

 

もちろんダメなところもあります。

ときたまタスクが消えてアプリ消去が出来なくなります。

 

通常は画面の□を押してアプリ切り替えや消去ができますが、アプリは起動しているのにタスク切換え表示が出ないときがあります。

 

たぶんメモリーが少ないことが原因だと思っていますが、今のところ解除方法は再起動するしかありません。

再起動すればタスク切換え画面でアプリが表示されるのでアプリをクリアするようにしています。

 

2つ目のダメなところは私の車のカーナビと相性が悪いこと。

スマホとカーナビはBluetoothで接続ですがマイクがつながりません。

音楽は聴けますがカーナビを使った電話が利用出来ない状況です。

 

まぁ車で電話を利用したのは片手の数くらい、この先に使えなくても問題はないでしょうから問題はありませんが。

 

「SH-M08」の購入代金にプラス2万円くらい出せば、あのPixelも手に入ります。

そう考えれば「SH-M08」を是非に購入する必要はないのかもしれません。

 

しかしスマホにそれほどのこだわりがない人であれば「SH-M08」は良いスマホだと言うのでないでしょうか。

価格良し、表示より、バッテリーの持ちもよし、です。

きっと「SH-M08」で満足出来ると思います。

 

アンドロイドOSも2年間アップデートですし、なにより日本メーカー製スマホです。

どこかの国にデータを抜き取られるとか気にしないで、気兼ねなく利用出来るのが良いと思いますね。