ライブ大好き!

中年おやじが若者に混じってライブに参戦!!日々感じたことも綴っています。

NHKの『人間ってナンだ?超AI入門』でAIを勉強しています。

急速に我々の生活に入り込んできているAI。

私はIoTと合わせてAIはなくてはならない産業の核になると考えています。

そんなAIですが、今NHKのEテレで『人間ってナンだ?超AI入門』という番組をやっているのはご存知でしょうか。

 

www4.nhk.or.jp

 

この番組はタイトル通りにAIの入門番組です。

今世の中でどこまでAIが入り込んでいるのか、どこまでAIが賢くなってきているのか。

はたまたこの先に人間を超えることあるのか…そんなところまで素人の私にも分かりやすく事例で教えてくれる番組です。

 

全12回放送のうち、先週で第2回まで放送されました。

第1回は音声関係、気楽に番組を観ていたらびっくりしたのがLINEの「りんな」。

50代のおっさんな私でも「りんな」とLINEでチャットしたことあります。

その時は「りんな」から斜め上の回答が飛んできて???チャット会話が進まなかったことを覚えています。

 

でも今は音声で通話出来るそうです。

しかも斜め上をいく回答ではなく、人に寄り添うような会話までしてくれるそうです。

 

実際に試してみました。

最初は普通に会話出来ています。(なかなかやるやん!)

でもしばらく会話していると…やはり続きません!!

 

中年おっさんが女子高生AIの「りんな」と会話するなということか…。

まあAIでなくて普通に人とでも会話が続かない私ですからね。(笑)

 

第2回はロボットです。

AI技術を使ったディープラーニングで賢くなっていくロボット。

バク転など、もはや人と同じ動きをするロボットを見ていると介護とか危険な場所での作業とかはロボットがやってくれる未来が垣間見えた気がします。

 

おとなを模倣したロボットでも今学習しているのは子どもの考え。

子どもの考えや行動、それが理解出来てAIが進化していけばあるいは人間と同じようなAIが生まれてくるかもしれません。

 

今週は第3回です。

第3回は「発想する」です。

音楽、絵画、文学…etc、今でも色々な作品をAIは生み出しています。

AIはどうやって作品を作り出しているのか、興味ありませんか?

 

『人間ってナンだ?超AI入門』は毎週木曜日の夜10時から45分間で放送しています。

チュートリアルの徳井さんによる軽快な司会で、毎回違うゲストと東大の松尾教授によって番組は進んでいきます。

 

これから仕事にもそして身近な生活にも組み込まれてくるAI。

頭の中にAIの情報を仕入れていておくときっと役に立ってくれる。

私はそうだと思っています。

郵便局の『ゆうゆう窓口』で見つけた便利なおもしろグッズ!

皆さんは日曜日でも郵便局は開局していることをご存知でしょうか。

 

今年は事情で年賀状を出せなかったことから”寒中見舞い”を出すことにしました。

用意したはがきが無地の切手を貼るタイプです。

パソコンとプリンタを屈指してオーソドックスな文面の寒中見舞いを作成しました。

印刷まで完成したハガキを切手を貼ってハガキを投函しようと思いましたが…。

 

切手は郵便局に売っていますようね、でも今日は日曜日です。

自宅近くにある郵便局は近くて便利なのですが平日しか開局していません。

 

「切手ってどこで売っているの?」

 

 

郵便局以外で切手を売っているところ…ポストが設置されている前のお店で切手やハガキを売っていた記憶があります。

タバコ屋さんとかパン屋さんとか。

学生時代に住んでいた街は郵便局が離れていたので、切手やハガキはポスト近くのタバコ屋さんで購入するのが私の定番でした。

 

でも今住んでいる自宅は郵便局が近いので逆に他のポストを知りません。

 

そこで郵便局をネット検索して調べたところ、『ゆうゆう窓口』というのがあることが分かりました。

 

近くの郵便局本局では朝8時から営業しているそうです。

場所によっては24時間営業しているところもあるようです。コンビニみたいですよね。(笑)

 

今朝は雪が振っているのでないのがまだ救いでしたが小雨が振っていました。

雪でなくても冬の雨は寒いです。

 

でも行き先が郵便局本局であれば駐車場があるので車でいけます。

割と近くなので車のヒーターが暖まる前に着いてしまいましたが、雨の中を車で動けたのは大助かりでした。

 

局内に入ると『ゆうゆう窓口』はすぐに分かりました。ATMコーナーの横に窓口がありました。

 

男性の局員さんがハキハキと愛想よく切手を販売してくれて、職員さんにその場で切手を貼ること伝えたら貸してくれたのがこれです。↓↓↓

 

 

テープ台ですね。でも溝のところに水が浸かっています。

円形のテープカランを回転させるとカランに水が滴る、その水に切手を湿らせてハガキに貼り付けるようです。

 

まさかこんなタイプのツールを貸してくれる!?

手作りですよねこれって!!

 

これには驚きました。

水を含んだスポンジとかを貸してくれるかなっと考えていたのですが、予想の斜め上をいくツールです。

 

手作りツールですが機能は悪くありません。切手の裏を湿らす程度に水が滴るので切手貼るのに問題なく使えます。

 

職員さんたちも色々考えているんですね。

郵便局のアイデアグッズにちょっと驚いた話でした。

auで支払いクレジットカードを変更する方法。

テキパキした対応と丁寧な説明で顧客満足度がいつも高いのは携帯電話会社のauだろう。

他のキャリアと比較しても、月々料金に差がない、サービスもそれほど差がない、ならば満足度が高い点を評価して、私はauを選んでいる。

 

といってもauと契約している回線は息子のスマホの1回線のみ。

私自体は月々料金を下げるために格安SIMLINEモバイルを契約している。

 

そんな息子のスマホで契約しているauでのお話を紹介したいと思う。

新年を新たな気持で迎えるという訳でもないが、私は新しくクレジットカードを作ったので、au料金を毎月支払うクレジットカードの変更をしようと考えた。

 

まず変更方法で思いついたのは、ネット取引の「My au」で変更する方法。

手続きはたぶんこれが一番簡単な方法だと思う、私もまっさきにパソコンから実行を試みた。

パソコンから試みてIDとパスワードは問題なく通過出来たのだが、2段階認証に引っかかった。

契約している電話番号にSMS(Cメール)を送付して許可を求めているらしい。

らしいと言っているのは手元にスマホがないからである。

 

auで契約しているスマホは契約者が私で使用者が息子である。

スマホは常に息子の手元にあるので息子が外出している時には私は認証も許可も何も出来ないのである。

 

この点、各キャリアの考えは似ている。

私からみたら、「支払いクレジットカードを変更するだけでなぜ2段階認証が必要なの?」という気持ちだ。

簡単に変更出来ると考えていたのに頓挫したことがちょっとショックであった。

 

次の手段はショップで変更手続きする方法である。

実はネットから手続きがダメだった段階でauのサポートセンターに電話した。

 

サポートセンターから2番目の切り替え策として教えてくれたのが、ショップで切り替えるする方法である。

でも実際にショップで切り替えるとなると、この目的だけにショップに行くのが億劫で足がショップに向かない。

買い物とか何か他の都合がないとちょっと私には難しいかもしれない。

 

最後の方法はサポートセンターに電話して、切り替え用紙を郵送頂き手続きを進める方法。

サポートセンターでは切り替えに時間が掛かることから、最後まで郵送は勧めてこなかった。

郵送での切り替えはau内でもひとの力が必要で手間が掛かる仕事なのだろう。

 

3つの選択のうち、ネット切り替え、ショップ切り替えが私には出来ないので、残った郵送で切り替えを選択した。

 

まぁ切り替えが遅れても旧のクレジットカードが利用不可な訳でもないので、気長に用紙が送られてくるのを待とうと思う。

 

支払いのクレジットカードを切り替える場合は、自分のスマホで操作するのが一番手間と時間が掛からない。

 

ネット以外では、auショップが近くにあれば、そこにお邪魔するのもよいかもしれない。

ただし混雑している時間や曜日を調べておかないと無駄な待ち時間が発生するかもしれません。

 

忙しくてそれも駄目なひとだけは私と同じ郵送切り替えを選びましょう。(笑)

 

クロスバイクのチェーンが切れたので修理に掛かった費用を晒してみる。

風を切って街を走り抜ける気持ちよさを実感出来るクロスバイク

うちの息子はクロスバイクのGIANT ESCAPEに乗っている。

駅までの通学に、バイト先に、そしてちょい乗りにクロスバイクを気軽に乗り回している。

 

クロスバイクは爽快である、自分もちょっと乗ったことがあるがその時のペダルの軽さとか、スムーズな加速感は気持ちよいものであった。

まさに手軽に乗れるけど侮れない、それがクロスバイクだった。

 

そんなクロスバイク、利用頻度が高いからか分からないが昨年末にチェーンが切れてしまった。

 

 

 

ライトやスタンドみたいな部品が故障でもだましだまし乗ることが出来るが、チェーンが切れるとクロスバイクを走らすことが出来ない。

 

すぐに修理を考えたが、息子はバイトや遊び、何やかやでクロスバイクを修理に持っていくことが出来ない。

代わりに正月休暇に入っていた私が自宅近くの自転車屋クロスバイクの修理にいった。

 

お店のひとに見てもらうとGIANT ESCAPEは後輪9段。

私は自転車に乗っていないのでクロスバイクはあまり詳しくないが、車種によってチェーンの長さが違うのは理解していた。

でも段数によってチェーン間のピッチが違うことは知らなかった。

後輪9段の変速機が付いたクロスバイクには9段用の専用チェーンが必要なのだそうだ。

 

なるほどっと思って話を聞いていたが、その店舗では9段用チェーンが在庫されていなかった。

今だけ在庫無しだったのか、あまり需要がないから在庫していなかったのかは聞けていないので分からない。

 

取り寄せて修理した場合はなんとっ半月掛かるとのこと!!

店舗は元旦以外は営業しているが、メーカーが正月休暇でクローズするため部品取り寄せが出来ないことが修理が長くなる原因だった。

 

「修理に半月も預けられない」と、その場はクロスバイクを持ち帰った。

「自分で修理してみるか…」とか「別の店にチェーン在庫を聞いてみるか」とかを考えはしたが正月休みである。

昼と夜が入れ替わった生活をしていたら、クロスバイクを修理する気持ちが飛んでいってしまった。

息子も学校が休みなので修理を急いでいる様子がなかった。

 

そんな新年も1週間くらいたったある日、私はやっと自転車屋クロスバイクを持ち込んだ。

前回と同じ店舗に持ち込みである。

やはり9段用チェーンは在庫なく取り寄せであったのでクロスバイクを預けて帰った。

 

後日、自転車屋から修理完了の電話を受けて修理費用の支払いをしたが、その時に支払った金額は、

 

チェーン代 2,835円

工賃    1,940円

合計:4,775円(税込み)であった。

 

自転車のチェーンが切れたのも、修理したのも、今回が初めてである。

修理代が高いとか/安いとかは分からないが、クロスバイクの新車代からみると少し高いようは感じる。

 

手入れとメンテナンスをこまめにしていれば、今回のような痛い出費を避けられたかもしれない。

 

 

財布やカバン、身近な革製品を自分でメンテナンスしてみました。

すこし値は張るが丈夫で長持ちする革製品、使い勝手が良いので私は好きだ。

と言っても贅沢に革カバンを何個も持っているわけでもなく、カバンや財布にキーケース、そして革靴くらいしか革製品は持っていない。

 

日常使いの物でしか革製品は持ってはいないが、革製品は購入してから数年使い続けるだけであった。

また私が持っている革製品はブランド品ではないが丈夫であることから、ちょっと乱暴に取り扱っかったりした。

中には大切に利用している製品もあるが、それでも経年劣化で色合いが変わってきたりしている。

 

「そろそろ買い替え時かなぁ」とネットを調べたら、革製品のメンテナンス道具を売っているのに気づいたのです。

 

オイルだけでも使ってみようと、Amazonで手頃価格のメンテ用『ミンクオイル』という商品をさっそく購入してみました。

 

 

オイルの入れものから”ミンク”感を醸し出してくれてますね。(笑)

 

ミンクは毛皮になるくらい高級なイメージを私は持っています。

そのミンクのオイルだからやっぱり高級!?と思われるかもしれないですが、Amazonでだいたい500円台で購入出来ます。

結構リーズナブルな価格で販売してみたです。

 

革製品であればこのオイルが持っているポテンシャルを十分に発揮出来ると思います。

私の手持ち革製品、ショルダーカバン、長財布、キーケース、そして”紐の革靴”で試してみた感想は下記の3点です。

 

  1. 革が柔らかく、そしてなめらかになった。
  2. 色が深く、そして艶がましたような…気がする。
  3. 乾燥で劣化(?)した色合いの革靴に薄く塗ったら、深い色合いに変化して見た目が新しくなった。

 

特長1、革が柔らかく、そしてなめらかになる。

オイルを塗ったあとからすぐに効果がみられます。

オイルが革に浸透して革を柔らかくしてくれたのでしょう。

硬くなってきていた財布がオイルを塗ると「ふにゃ」っとしたのには驚きました。

 

特長2、色が深く、そして艶が増す

黒い革製品は黒々としています。

もともと艶があった財布ではなかったのですが、オイルの塗布後は引き締まった色合いに感じました。

 

特長3,乾燥で劣化した革靴が色合いが変わって見た目が新しくなった。

私が普段履きしている紐革靴は乾燥からか色合いが薄くなってきてました。

でもミンクオイルを利用して時から、革靴の色合いが濃い色に変化したのです。

びっくりですね。

 

 

オイルの塗る時の注意は、とにかく薄く塗ること。

塗った箇所によって濃淡が発生すると、あとから塗った箇所と塗っていない箇所がムラになることがあるそうです。

これさえ注意すればあとはオイルを塗ることで、ちょっとした汚れとかキズとかを分からなくしてくれます。

 

自分で愛着のある革製品をメンテナンスするのはいかがですか?

革製品は定期的にメンテナンスをすれば、自分が考えているよりもずっと長持ちするみたいです。

 

折角愛着持って利用してきた革製品です、このまま長く使い続けられたらいいなって思います。

 

仕事に詰まった午後の一息に飲むコーヒー。

仕事のあい間にほっと心を落ち着けてくれる飲み物、私にとってそれはコーヒーです。

仕事しているときだけでなく、休みの日でも時間を見つけてはコーヒーを飲んで心を休養させています。

 

コーヒーは毎日飲むものだから少しでも安くすませたいですね。

休日にはインスタントコーヒーを入れて飲んでいますが、職場でコーヒーは中々飲めません。

 

そこで私はあらかじめ購入している缶コーヒーを職場に持っていっています。

毎日午後3時頃には持参した缶コーヒーを飲むようにしています。

毎日同じような時間、3時頃にコーヒーを飲むのはカフェインの効果によって疲れた頭を活性化するためです。

カフェインの力で仕事にもうひと頑張り集中出来るように飲んでいます。

 

もちろん会社内の休憩コーナーにも自販機が設置されています。

自販機までいけば温かいコーヒーを買うこともできますが、コーヒー一杯が100円程度の価格といえ、毎日飲むと結構小遣いに負担だと思いませんか。

 

だから私は自宅近くのスーパーで購入した缶コーヒーを飲んでいます。

仕事中に飲むコーヒーに味やブランドでこだわりはないのでこれで十分です。

 

ご近所スーパーやディスカウントショップを探せば、結構安く缶コーヒーが売られていることが分かります。

自販機で買えば130円しますが、一本50円以下のコーヒーを何種類も見つけることが出来ました。

そんな中で私が選んだ缶コーヒーはこれです。

 

f:id:mac-3:20190114223403j:plain

缶コーヒー

 

 

スーパー ラ・ムー(LAMU)で販売している無糖の缶コーヒー。

ほんとはちょっと甘めの微糖タイプを飲みたいなぁと思いますが、体のことを考えたらやはり無糖ですよね。

 

この缶コーヒーの特長は、

  1. 価格が安い!(25円/本(税抜))
  2. もちろん無糖です。
  3. 飲みやすい味
  4. 賞味期限が長い

 

1,価格が安い

ラ・ムーのプライベートブランド”D-PRICE”商品で、店頭で25円/本で販売されています。価格の安さが特長の缶コーヒーです。

30本入りケースで750円!、まさに最安価格販売ですね。

 

ラ・ムーでは大手飲料メーカーの缶コーヒーも安い価格で販売されています。

でもプライベートブランドには価格でかないません。

 

2,もちろん無糖

そうですもちろん無糖です。だから購入対象にしています。

 

3,飲みやすい味

味は、まぁこんなものかという味ですね。

私は大手メーカーブランドの缶コーヒーでも「美味しい!」と飲めるのがほぼありません。

なので、この缶コーヒーももちろん許容範囲内の味です。

 

4,賞味期限が長い

長いというか普通です、半年以上はあります。

激安店の中には賞味期限が迫っているので安く販売されている缶コーヒーもあったりします。

でもこの缶コーヒーはプライベートブランドの定番商品なので、普通の賞味期限商品が販売されています。

 

ラ・ムー(LAMU)は色んな商品を安く販売しています。

味の満足感や安心・安全への期待値は消費者ごとに考えが違うので、人それぞれに感じかたは違うと思いますが、低額で商品を提供するラ・ムーの姿勢はやっぱり消費者にとってありがたいものだと思います。

笑顔になれる自分がいる場所。

私の楽しみであるライブ、月に2度くらいはライブハウスにお邪魔して各アーティストの歌声を聴きたいと、生の歌声を聴いて音楽を全身に浴びたいと思っています。

 

今年が始まって2週間くらいです。

各アーティストのライブの予定も決まってきたようなので、私がお邪魔するライブスケジュールが6月くらいまで埋まってきました。

 

いまのところ楽しみにしているライブは、

 

1月 majikoさん。

2月 きへんずさん と ReoNaさん

3月 山崎あおいさん と 沢田聖子さん

4月 Passcodeさん

6月 藍井エイルさん と GARNiDELiAさん

 

ここまで参戦を決めました、今のところ8公演です。

 

この他にも参戦したいアーティストさんはたくさんいます。

ライブ予定が組まれるのは、やはり春休みとか夏休みとか,参加しやすくて移動しやすい日程の時に予定が組まれること多いです。

なのでどうしてもライブ日程がブッキングしてしまう、参戦したくても参戦出来ないライブが出てきます。

 

今、参戦を決めているライブは初めて参戦するのが半分、すでに複数回の参戦しているアーティストライブが半分くらいです。

 

同じアーティストでもライブによって変えてきているので内容や雰囲気が違うので毎回違いを楽しめます。

同じ年に同じアーティストライブを2回、3回と観たとしても、同じ内容のライブは2つとありません。

 

セトリも違いますし、同じツアーでも会場によっては曲を変えています。

これはアーティストによるのかもしれないですが、ライブと言うだけにやはり”生”なんですね。

 

私の年代、『50歳代でライブなんて…』そう思われるかたもいるでしょう。

私自身が以前にそう思っていました。

でも実際にライブに参戦してみると、年齢なんかはまったく関係ありません。

 

ライブ会場は同じアーティストを好きな子が集まった集団なのです。

なにも怖がることはありません。

ちょっとだけ弾けても、突飛な格好をしていても、みんなが温かい目でみてくれます。

むしろその時を思いっきり楽しめたほうがよいのでしょう。

 

ライブ前は周りが気になったりするかもしれません。

ひとりで参戦した時に周りに同じTシャツを着たグループ参戦している人たちがいると、ちょっと萎縮しちゃうこともあるでしょう。

 

でもライブが始まるとまったく関係ありません。

アーティストの歌声を浴びて皆が楽しでいるんです、自然と自分が「全体の中のひとり」になれます。

 

 

好きなアーティストの歌声を聴くと笑顔になれる自分がいる場所。

きっとそれがライブだと思います。