mac-3's blog

読む、書く、聴く、そしてサウナ!大切で大好きです。

古塔つみさんの個展『染まるよ』を見て、こちらが染まった気持ちになる話。

シンガーソングライターの湯木慧さんは、人を引き込むような独特の世界を持っていって、とても好き、いつかはライブで生歌を聴かせて欲しいと思っているアーティストさんのひとりです。

 

その湯木慧さんのツイートがタイムラインに流れてきたのですが、イラストレータの古塔つみさんが原宿で開催する個展『染まるよ』の話でした。

原宿で開催する、ちょうど東京に行くタイミングにぴったりマッチした開催だったもので、私も個展『染まるよ』に立ち寄ってきました。

 

 

 

古塔つみさんが描くのは基本は女性、しかも少女だけでしょうか?

湯木慧さんのツイートみても、上の写真をみても分かると思いますが、古塔つみさんが描くイラストは描写がとてもすごい、そのひと言に尽きると思います。

 

 

『染まるよ』は、まだおとなになる前の少女たちの絵を集めた展覧です。

今はまだ色に染まっていない少女たちが持つ、独特の魅力を伝える作品を集めた個展といえるでしょう。

 

古塔つみさんの絵で私が好きだと思ったのは、表情、そしてアングル。

なんとも言えないアンニュイな雰囲気がするところがいいですね。

 

実際に絵を見ては、描写の凄さに目が釘付けになってしまいました。

それほど大きな絵ではありませんでしたが、とにかく”チカラ”がすごい!

ノートサイズの大きさしかない絵ですが、どの絵も訴えかけてくる”ちから”を感じました。

 

人の目には人を惹きつける”目ヂカラ”があると言われています。

この絵にもそれと同じで、人を引きつける”ちから”を感じます。

呼び方が分からなので”絵ヂカラ”と呼べばいいでしょうか。その”チカラ”は、なにかを訴えかけるように、そして静かにこちらから視線を惹きつけてやみません。

 

古塔つみさんのイラストは、色んなタイアップとかされているので、どこかで出会うチャンスはあると思います。

でもこのタイミングで、この場所、原宿の個展で出会えたのは、まさに一期一会と言えたかもしれません。

 

出会いべくして出会った、「運命が重なった一瞬」だったのかもしれませんね。笑

ちょっと言い過ぎだとは思いますがそれほどにインパクトを感じた個展でした。

 

原宿の「一蘭」さん、食べれば分かるラーメンです。

 

ラーメンは好きですか?私は大好きです!

 

最近はコレステロールとか体調を気にして食べる量を制限していますが、以前は週末の土日に必ずラーメンを食べていました。

 

先日の春を思わせる暖かな日に、東京でぶらっとラーメン屋さんに立ち寄ってきました。

 

それはちょっと気になるイラストレータさんの原宿で行われた展覧会に寄った帰りです。

夜行バスで新宿に着いた朝、朝マックソーセージマフィンを頂きはしましたが毎週ラーメンを食べている身にはマックでは食べたりなかったのかもしれません。

 

お昼少し前なのに小腹が空いた、というかラーメンが食べたくなりました。

でも今いる場所は原宿、なんかきれいなお店ばっかりです。

値段も高そう…大丈夫でしょうか?

フランチャイズのラーメン屋さんってあるのでしょうか?

 

そんなことを気にしつつGoogle Mapで探してみると…近くのラーメン屋を見つけました。

それが「一蘭」さん。

 

値段は私の基準で高めです。

でも「一蘭」さんが一番近い、そしてお昼に営業中。

口コミも良い、ということでお昼は「一蘭」さんで頂くことにしました。

 

口コミではお昼時に行列している書き込みもあったので、待ち時間とか気にしながら現地にいくと確かに並んでいます。

2階の店舗入口から階段途中くらいまでの行列です。

でも行列はそれほど長いと思えなかったので「これなら並べる」っと、迷わず列のうしろに並びました。

実際にそれほど待た感じはしていません。

ほんの数分5分くらい?並んだでしょうか。

 

 

 

並んで進むと入り口前にある券売機に着きます。

そこで食券を買いますが私が選ぶのはラーメンです。

だって値段が高くないですか?

 

原宿で食事するにはこれくらいの値付けが当然なのでしょうね。

「東京って高いな」っと感じながらラーメンを選びました。

 

 

 

 

店内はカウンター席です。

ひとりで来店した人も食べやすいように隣席と仕切りで区切っているタイプです。

完全に個人スペースで食べる感じでぼっちの私にはとても良かったですが、グループで来店したお客さんにはちょっと嫌かもしれません。

私の隣席に3名で来店しているお兄さんは、あまり気にしていないようではありましたが。

 

待つ間はぼけっと店内を見回していました。

すると「一蘭」さんには外国人のお客さんも多かった。

外国人さんが多いのはこのお店だけではなく、今や当たり前なのかもしれませんね。

奈良公園でも外国人はよく見かけました。

出店で買い物したり、歩き食いしている外国人さんは結構いましたからね。

どこの街の飲食店でも同じなのかもしれません。

 

一蘭」さんのラーメンはとんこつ味、その上で辛いタイプです。

最初にからい味を混ぜてしまうのではなくて、最初はノーマルで食べる。

そして徐々にからいのをスープに混ぜて味の変化を楽しむべき…そんな説明がありました。

 

でも食べだすと細かいことが分かりません。

気づいた時にはすべて食べてしまってスープも飲み干していました。

 

 

食べ終わった後にどんぶりの底から見えてきたことばがこれです。

 

『この一滴が最高の喜びです』

 

原宿の「一蘭」さん、ラーメン好きにはたまらない味で行列が出来るのが分かる人気店んでした。

 

みゆはんのライブ「ざんぱんまみれ」にまみれてきました。

 

彼女の魅力は多彩なところでしょうか?

シンガーソングライターとして歌をリリースするだけでなく、声優もやっているし、イラストとかプロデュースとかマルチに活躍しているのが”みゆはん”です。

 

彼女はデビューして、はやいもので3周年ですね。

けもフレ」のエンディング曲がストリーミングで流れてきたあの時から、「ぼくのフレンド」が私の”お気に入り”に組み込まれた時から、どれほどこの日を待ち望んだでしょうか。

 

彼女の曲は毎年リリースされています。

リリースされたアルバムをダウンロードしたり曲をYouTubeで聴いたりと、色んなメディアで楽しんでもいます。

でもライブがありません、開催されないのです。

 

なぜでしょう?

彼女が引きこもりだから?

 

彼女のライブは過去に1回だけ「よだれまみれ」が開催しているのですが、この頃はまだ彼女を分かっていませんでした。

彼女のライブがどれほど希少で、どれほど貴重かが分かっていなかったのです。

東京で開催だったので観にいってません。

もしこんなにライブがないことが分かっているなら、無茶してでも参戦したのにです。

ライブが開催されない…それは後からわかったのでした。

 

でもいつか必ず…っと願っていたライブが、2回めのライブがみゆはんさんのデビュー三周年にあたる2月22日に開催されました。

 

この話を聴いたのは昨年の秋です。

開催をファンのみんながどれだけ喜んだことか。

東京で開催のライブですが、距離なんて関係ありません。

すぐにライブの申込みをしました。

 

ライブ当日はとてもワクワクしていました。

夜行バスでほぼ寝れない状態で東京に着いているからか、私のテンションも高めな気がします。

 

ライブは入場から開演までが1時間と長めの待ち時間です。

この待ち時間って長いほどつらくなるのですが、みゆはんのライブはポケモンの実況映像がずっと流れていて”待ち”を”待つだけ”の時間にしてくれません。

 

普通はBGMが流れているだけの時間を、立っているのがつらくなる時間を待ちくたびれないようにしてくれたのです。これはありがたかったですね。

 

ただあのスクリーンはちょっと背が高かい!

立ち位置が前方の観客は首をかなり上に上げないと見ずらかった。

大きなライブ会場なのでもっと後ろとかだったら見やすいのかもしれないですが…。

 

ライブは歌のほかにも鍋料理をライブ中にクッキングして観客に振る舞うというチャレンジもありました。

 

でもこれってどうでしょう?

ふだん料理していない子の料理!?

会場が盛り上がって楽しいからいいですが、なんか違うかもっと思うのは私がおじさんだからかもしれないですね。

 

ステージで歌ってくれたのは、先月にリリースされた新しいアルバム。』が中心です。

こうやって彼女の曲をじっくりと聴くと、バラード曲とか恋愛ソングのほうが多いかもですね。

明るい曲だけでなくしっとりと聴かせるバラードとかも交えてたくさの曲を聴くことが出来ました。

ボカロソングも聴けて、そして最後には「ぼくフレ」を歌って締めてくれました。

 

初めて生で聴けた、みゆはんさんのライブ。

思っていた通りの明るくて楽しいライブ。

最後は泣いていた観客もいるくらい、みんなが3年間溜めた気持ちがスッキリしたのかもっていうライブでした。

 

『柿安監修 特製幕の内』弁当が美味しかった理由。

 

先日、東京で講演を聴いたときにTKP貸し会議室を利用しました。

ここは毎年利用しています。利用するのはこれで3回目です。

ここを利用した時にいつも楽しみにしていることがあります。

それは昼食に準備してくれるお弁当。

このTKPではお弁当にしては絶品といえる味が楽しめる「すきやき弁当」が食べられるのです。

 

このお弁当、名前は「柿安監修 特製幕の内」というらしいです。

”柿安監修”っていうくらいなので、”柿安”って有名なのでしょう。

お弁当を監修する”柿安”が気になって、有名な料亭か仕出し屋さんかが気になって、調べてみました。

 

調べて分かったのが、三重県桑名市にある「料亭 柿安」が監修しているお弁当だということです。

 

ネットの情報によると、

 

<特製幕の内>・・・・・ごはんがすすむ牛すきと、ほっこり煮物が入った特製幕の内弁当

 

だということです。

 

このお弁当は仕出し弁当なのでもちろん冷たいお弁当です。

でも冷めている冷たい弁当でもお肉の味、すき焼きの味をしっかりと感じられるお弁当で一度食べると記憶に残ってしまうくらいとても美味しい。

写真を撮ってブログにアップするくらいの実力を持ったお弁当です。

 

味の染み込んだお肉が美味しいですが、「考えているな」っと感じるのは温泉たまごを使っていること。

すき焼きを卵は付きものですよね。

卵に絡めてすき焼きを食べたいと皆が思うのではないでしょうか。

特にこれくらいに美味しいすき焼きであればこそ、食べる人の要求が高くなると思います。

お肉だけで食べるのはちょっと物足りない…その要求に答えるのが温泉たまごです。

 

お弁当ですから生たまごを付けるのはちょっと危険ですよね。

でも卵が欲しい…その要求に温泉たまごで答えたのだと思います。

すき焼き肉を絡めてもきちんと役割を果たしてくれます。

 

すき焼き肉を食べた後にたまごだけが残っても大丈夫、温泉たまごなのでおかずの一品にもなります。

にくいですね、私はお肉といっしょに頂きました。

 

このお弁当は料亭が監修しているだけにとても上品な出来栄えです。

漠然とお腹をふくらませるだけのお弁当ではなくて味を楽しむことを考えた、”品格”さえも感じることが出来るかもしれません。

 

あいにくこのお弁当、どこかで購入出来るわけでなくてTKPでしか食べられないみたいです。

でも「柿安」のお店はイオンモールのフードコートにも出店しているので、柿安監修弁当の美味しさは別メニューでも堪能できると思います。

というか、お店で食べるほうが温かい料理なのでぜったい美味しいですよね。

 

わたしも今度寄った時に「牛すき焼き丼」を食べてみようと思います。

 

 

通勤シューズとして、エドウィンの"edm7310w"を履いてみた。

ネットでは買いにくいものといえばシューズですね。

サイズがある商品は買いづらいです、靴を試し履きせずに買うのはちょっと勇気が必要でした。

 

でも品数の豊富さと価格のお手軽さ、そして口コミの参考意見が聞けるところの良さから、ついついネットで靴を買ってしまいました。

 

通勤に履くシューズが欲しくてネットで探していました。

ある時に毎日履いて楽しそうなエドウィンのedm7310wという品番シューズを見つけました。

 

色、形、そしてロゴが気に入って、そして通勤でも履けそうな雰囲気があったので購入しました。

 

 

この靴が持つ一番の特長は、防水シューズであること。

先日のこと、かなり強い雨が降った日に以前から履いていたシューズで通勤したのです。

 

10分と少しだけ歩きましたがダメでした。靴の中までびしょびしょです。

水たまりは避けて歩いたつもりでも、靴下までがびっしょりと濡れてしまいました。

そんなこともあったので靴の買い替えを考え出したのです。

 

別に防水にこだわらなくても、普通の革靴を購入したとしてもある程度は雨水は弾いてくれたと思います。

防水にプラスして、色とか、歩きやすさとかを考えたら、リーガルウォーカーを購入しようかとも思いました。

今履いている靴の前は、4回も5回も同じリーガルウォーカーを履いていました。

履きやすさから耐久性まで、すべてを把握出来ています。

 

リーガルウォーカーは値段が高いことを除いては、ピカイチのシューズだと思います。

でもリーガルウォーカーの三分の一の価格で、良さげな靴がいっぱい売っていたら、そっちに目が行きますよね。

それにシューズを検索あとでは、靴の宣伝ばかりが目に飛び込んでくるようになりました。

 

きょうは夕方の配達を受け取ってから、さっそく履いて歩いてみました。

いつも履いているシューズと同じサイズの靴を注文したのですが、窮屈なことはありません。

というか、靴内部の横幅はけっこう広いタイプの靴でした。

履いて歩くと分かったのは、ちょっと大きめサイズかなっということ。

靴ひもをぎゅっと締めて歩いても靴の中で足が浮くように感じでした。

 

ネットショッピングの悪い面ですね。

サイズが大きいとか小さいとかは実際に履くまでわかりません。

いくら口コミがあるといっても、自分とまったく同じ足サイズの人が、同じ世の中にいるかは分かりませんからね。

 

でも思うには、小さいよりはちょっと大きめでよかったです。

少しくらい大きいだけであれば、靴の中敷きで調整することが出来ます。

私の場合は、ダイソーなんかで売っている100円の中敷きを1枚入れるだけ、ほぼぴったりサイズの靴に変わるりました。

 

小さければ調整出来ませんし、返品や交換依頼が必要でしょうが、今回は中敷き1枚追加するだけで作業オッケーでした。

 

中敷き1枚で、とてもフィット感のある防水仕様のシューズが手に入りました。

 

これであれば明日から雨が降っても大丈夫です。逆に雨降りが楽しみかも…です。

 

靴が新しいからかもしれませんが、この靴を履くと身長が伸びた気がします。

でもこの靴はシークレットシューズではありませんし普通のシューズです。

新しいシューズなので、かかとが高いのでしょう。たぶん。

 

そのうち慣れるとは思います。

毎日の通勤がなにか楽しくなっていく…明日以降はそんな予報が出てきたようです。

 

居酒屋でビール+カルピスを飲んでみた。

なんででしょうか?

疲れたときとか汗をいっぱいかいた時に飲むビールはとても美味しいですね。

 

でも家で飲む缶ビールは苦味ばかりが気になることが多い…

居酒屋で飲む生ビールは同じ飲み物ではない感じがします。

”ビール”という同じ名前で呼ばれているのが不思議なくらいに味が違います。

 

ビールの銘柄は関係なくて、一番の違いはビールの”軽さ”でしょうか。

アサヒのスーパードライでもキリンの”生ビール”でも、居酒屋のビールサーバーから飲めばとても軽くておいしく飲めます。

 

先日居酒屋さんで飲んだのは生中ビールでした。

ちょっと小さめのグラスに入れられて出てきました。

『グラスまで美味しい!』ではないですけど、そのグラスはとても冷えてビールの美味しさをより引き立ててくれていたと思います。

 

さらに居酒屋では頼まない限りは、”水”も”お茶”も出てきません。

注文した料理は次々に配膳されるので食事は進んでいくのに比例してビールの消費量も増えていきます。

 

ビールは炭酸飲料ですね、居酒屋の濃い味料理に特に合うと思います。

他のお酒のチューハイとかハイボール、梅酒なんかも居酒屋料理に合うとは思います。

 

でも一番は?となると、やはり生ビールでないでしょうか。

よく冷えた冷たさに軽い苦味、のどごしから選ばれて「最初の一杯」に皆んなが頼みます。

 

生ビールに何かを混ぜて飲むとどうなるでしょう?

よくファミレスのドリンクバーで、ハーフアンドハーフとかオリジナルドリンクを作ったりしていますよね。

それをビールで試す機会がありました。

先日の居酒屋でメニューにあったのが「ビールにカルピスをプラス」飲みかたです。

 

カルピス:100円。

居酒屋さんで用意されているカルピスも一種類ではありません。

白いノーマルカルピス以外にも”巨峰あじ”に”レモンあじ”のカルピスと、3種類が用意されていました。

 

お店のメニューによればビールにあうのはノーマルみたい…がぜん興味が湧いてきました。

メニューで見つけた次のビールおかわりでは、一緒にカルピスノーマル味を注文していました。

それはすでに3杯目でしたが、まだまだ美味しくビールを飲めていた時でした。

 

ビールになにかを添加するとかは邪道という気もします。

白いカルピスを混ぜると、黄金色だった透明が濁った黄金色に色付きます。

ちょっと引く色かも!?

 

そんなこと思いながらビール+カルピスを飲んだ感想。

 

「もうビールでない、カクテルです。」

 

味と飲み口がカクテルに変身しました。

それは初めての体験。ビールにカルピスをプラスすることでビールの持つ苦味が極端に少なくなります。

そして甘みがぐんっと増します。

 

料理といっしょにごくごく飲むビールではなくなりますが、かわりに甘みとか飲みやすさとかがぐっと増す感じ、甘い飲み物が欲しい時に飲むビールでした。

 

もちろんこれは「あり」ですね。

ビールとカルピス原液があれば自宅でもかんたんに作れます。

今年の夏、このブログを思い出して試してもらいたいものです。

 

ちなみにこのビールは『ダブルカルチャード』という名前が付いているみたい、きちんと名前がある飲み物です。

 

 

 

 

ディズニーランドのスマホアプリがすごく便利!


f:id:mac-3:20200217095154j:image

 

今年も東京に遊びに行くことになりました。

どうせ行くなら非日常の夢をまた見てみたいと思って、昨年に引き続いてディズニーリゾートに行ってきました。

 

昨年は人生で未経験だったディズニーシーに初挑戦、でも今年はディズニーランドに挑戦です。

ディズニーランドはもちろん体験済です。

2度も3度も遊びにきていますが、50代では初めての訪問です。

50代のおっさんでも、スペースマウンテンとかスプラッシュマウンテンとか、ジョットコースター系のアトラクションを楽しめるものでしょうか?

 

年代に関わる疑問を本人が実践して確認してきました。

人気アトラクションは取りこぼしがないように、きっちりとファストパスをゲットしての体験です。

 

実は今回のディズニーランドは今までと違う体験をしました。

それはスマホアプリを利用したこと。

 

もうスマホがあれば何もいらないですよね。

昨年まではネットで購入したチケットをパソコン+プリンタで印刷してランドまで持っていきました。

 

入場するときも紙に印刷したチケットをスキャン、そしてファストパスも発券機にきちんと並んでゲットしたものです。

この時は、ファストパスを取るためにどんなにがんばって並んでも、3枚とれたらいいところ。

ファストパスが取れなかったアトラクションはすごい不満でした。

だってスタンバイで並ぶ時間が平気で2時間オーバーとかありましたから。

 

今回はスマホのアプリですべて済みます。

ランドに入場するチケットも、紙チケットは必要がありません。

スマホQRコードが表示されているチケットをかざすだけで入場が出来ます。

 

入場自体は早いです、が、その早さをスポイルするのが手荷物検査。

きっちり、しっかりとかばんに中を見てくれるので行列が進みません。

これはひどい、春休みなどのトップシーズンならどうなるか…ちょっと心配になる気がしました。

 

ファストパススマホでゲット出来ます。

これいいですね。

今まではファストパスを取るために発券機の前で並んでいました。

でも今回は並ぶことすら必要がありません。

 

入場して園内にいればアプリがアクティブになります。

ビッグサンダーマウンテン、スプラッシュマウンテン、そしてスペースマウンテンもすべてのアトラクションでファストパスをゲット出来ました。

合計6個のファストパスをゲットです。

 

これってすごくないですか?

2月の土曜日でまだランドが空いている方だとは思います。

でも普通にアトラクションに並んでライドを繰り返すと、どのアトラクションも60分程度は待たないといけません。

となると1つのアトラクションに1.5時間くらい必要です。

どんなに頑張ってもファストパス以上に効率よく入場する方法はありませんね。