ライブ大好き!

歌が好き、ボカロとかアニソンが大好き!日々感じたことも綴っています。

”鯖鯖”に惹かれて…山崎あおいさんライブへの初参戦記。

これってネタソング?

一瞬そんなふうに感じた歌である”鯖鯖”。

その”鯖鯖”を歌っている山崎あおいさんのライブに参加してきました。

 

 

山崎あおいさんを知ったのは昨年に流行った”鯖鯖”です。。

歌のリズム感と一瞬ネタソングと思える「ぎょっ」させてくれる歌詞に興味が湧いてすぐにお気に入り登録しました。

 

でもじっくり聞くと女性の気持ちを丁寧に表現している歌詞が「いいなぁ」と思ったのです。

 

その次の「アイソレイト」も耳に残るキャッチソング、その時に調べると3月に大阪でライブがあるそうではないですか。

 

その時点では山崎あおいさんの曲で知っているのは”鯖鯖”と”アイソレイト”だけです。

それでもライブに参加を決めました、彼女には何か期待出来るそんな感じがそたのです。

 

本日のライブ会場は大阪心斎橋にある”Music Club JANUS”。始めていく会場です。

ライブハウスは大抵が地下なのに、JANUSはビル5階です。

 

雑居ビルにあるライブハウスは防音その他の関係でビル上階に持っていきづらいものですが、このビルは他フロアが競馬の場外馬券売り場なので、上階のライブハウスが成り立っているのでしょう。

 

初めて会った山崎あおいさん。

ステージは山崎あおいさんと伴奏者ふたりの3人チームです。

 

ライブへの参加が決まってから約3ヶ月の間、Googleのサブスクで山崎あおいさんの曲をいっぱい聴きました。

あおいさんの曲は派手さはありませんが女性の心理を丁寧に描写した曲です。

どれも良い曲ですが、おとなしめというか、ちょっと暗めの曲が多いのでじっくり聴かせるライブを想像していました。

 

でもちょっと違いました、驚きです。

それはクラップの多さ。

ライブ終盤には皆で立ち上がってノリノリでのクラップまであります。

そしてタオルを振り回す曲もあり、大賑わいで結構楽しめるライブでした。

 

山崎あおいさんは女性心理を丁寧に歌っているシンガーソングライターです。

でもライブで思ったのはその割に女性ファンが少ないこと。

そして観客の年齢層がちょっと高めであったことです。

 

私目線で云うとすれば、自身の持ち歌だけではなくて、カバー曲とかを織り交ぜて、山崎あおいさんの歌の上手さ、そして感情移入した曲なんかを聴かせて、もっと違った山崎あおいさんを魅せてもらえれば楽しかったかな…とも考えます。

 

小林幸子さんがボカロを歌うように、ジャンルにこだわることなく、ネットを味方につけたチャレンジ。そんな姿も観たいかな。

 

これは私の…私だけかもしれないご期待です。

年齢を重ねるとビープ音が聞こえなくなるそうです。

電子機器が警告とか通知のために発する”ピー”という音。

この音をビープ音といいます。

 

私は長くパソコン関係の仕事をしていたので、電子機器でビープ音が鳴るのは当たり前。ビープ音が聞こえるのが当たり前と思っていました。

 

でも最近の話では、このビープ音が聞こえない人たちがいるそうなんです。

人間は高齢になって耳の機能が低下するとビープ音が聞こえないらしいです。

 

人間が聞き取れる音の範囲は、周波数でいうと20Hzから20,000Hz。

もともと人間の耳は年齢とともに高い周波数の音が徐々に聞きづらくなると言われています。

 

特に高い音のことをモスキート音と言われていますね。

モスキート音というのは蚊の羽音のような”キーン”という不快な音。

17,000Hz前後の高周波音をモスキート音というそうです。

 

この不快なモスキート音は若い人には聞こえますが、耳の機能が低下してきた大人たちには聞き取れない音として有名です。

 

若者だけに聞こえるモスキート音の特性を利用して、大人たちは迷惑行為をする若者や夜間の公園に若者たちが集まるのをモスキート音で防止や抑止するそうです。

 

逆に若者はモスキート音がおとなに聞こえない特性を利用して、授業中に教師に気づかれずにスマホを使う着信音に設定する猛者がいるようです。

 

ユーチューブにモスキート音を鳴らす動画がありました。

下記のリンク動画を試してもてはどうでしょうか。

私は12,000Hz以上の音が聞こえません。まぁ年齢相当の耳機能だとは思います。(笑)

 


モスキート音で耳年齢チェック あなたは何歳ですか?

 

 

最近はユニバーサルデザインが取り入れられているので、建築物でも設備でも製品でも誰もが使いやすいデザイン化が進んでいます。

 

調べると音に関してもユニバーサルデザイン化が進められているそうです。

 

例えば音を光で表したり、音を文字にするデザイン化が進んでいるようです。

 

電車に乗った時に思うのは行き先を多言語で表示したり、音声案内しているのもユニバーサルデザインの一環ではないかと思います。

 

音のユニバーサルデザイン化の中には、13言語の同時通訳なんていうすぐれものまであります。

探すてみると、あちこちでユニバーサルデザインを見つけることが出来ますね。

 

あちこちで見かけだしたと云っても、お金を掛けられない商品とかはまだまだ改良よちが有りと思えます。

 

 

スキャナの話です、そのスキャナでは文字を読み込んだ時にビープ音を鳴らして利用していました。

 

ビープ音が鳴って知らせてくれるのですが、とある高齢者が利用しても音が鳴らなかったそうです。

「故障している」と、購入した販売店に持ち込んで交換してもらったみたいですが、交換した商品でも同じで音が鳴らなかったそうです。

 

メーカーに電話で相談したところ、メーカーからは「ビープ音が鳴っているかを家族に聞いてください」と言われたそうです。

 

子ども家族が来た時に実際に試したところ、ビープ音が鳴っていたそうです。

 

故障だと勘違いした原因は、利用者が高周波を聞き取りづらくなっていたこと。

高齢者の利用を考えていなかったの?と思いますよね。

 

ビープ音の問題は、ビープ音を音量調節出来るようにするとか、音色を変えれるようにするとか…。手はあると思います。

開発費とか変更に費用は掛かるでしょうが、無意味なセット交換を繰り返すより、

試算だけでも価値があるのでないかと思います。

 

 

ご自由にお使いください。無料で使えるスマホがホテルに置いてあった。

最近ホテルに泊まったらスマホが置いてある、そんなことはありませんでしたか?

 

 

私が東京に遊びに行った時に宿泊したホテル『ホテルモントレー半蔵門』には部屋にスマホが置いてありました。

 

 

そのスマホは『ご自由にお使いください。』と表示されています。

そうです、これが噂の無料貸与スマホhandy”なのです。

 

宿泊者に無料でスマホを貸し出す、とてもアイデアが素敵ですよね。

もちろん私も利用してみました。

 

無料スマホを利用してよかった点を書き出します。

  1. ブラウザ閲覧はサクサク動く
  2. 無料通話が出来る
  3. データは13時に消去される

 

まずはブラウザ閲覧です。

貸出スマホでネットサーフィンをしてみましたがサクサクした動作です。

ホテル内のwifiに接続する利用でしたが、通信速度が5Mbps/sくらい出ています。

ほぼストレスなくいろいろなサイトを閲覧出来ました。

 

次は無料通話が出来ることです。

これはある理由で実際には試しませんでした。(あとで書きます)

自分のスマホを持っているとはいえ無料で通話出来るのはお得で良いですね。

 

3つ目は利用データが消去される(らしい)ことです。

チェックアウトしたあとの利用されない時間帯の13時にデータ消去することをスマホ画面に表示していました。

 

実際に借りて利用しましたがあまりに快適だったので、自分のスマホは充電で、もっぱら貸与スマホでネットをしていました。

 

ただ使って気になったのがセキュリティや個人情報です。

私が貸与スマホを利用した時、以前利用したかたのGoogleアカウントがログインしたままで残っていました。

 

??「13時に消去されれうのと違うの?」

 

データが消去されるのはどこまで消去されるの?

ほんとに消去されるの!?

 

アカウントが残ったままの状態をみたら不安になりますよね。

私は無料通話を掛けるのも発信履歴が残るのではないかと不安になり、お試し利用も躊躇して出来ませんでした。

 

インバウンドの旅行者にしろ、日本人宿泊者にしろ、大抵はスマホを持っていると思います。だけど旅行中はバッテリー消耗が気になりますし、データ通信量も気になります。

 

このホテルのように宿泊先に備え付けたスマホがあれば、ホテル滞在中は自分のスマホを置いといて貸出スマホを利用する人もいるでしょう。

 

ただSNS利用だけはセキュリティや個人情報の扱いが気になるので、確認してから利用したほうがよいと私は思います。

個人情報が残ってあとでトラブルなると嫌ですもんね。

 

あと気になったのは言語が中国語表示であったこと。

デフォルトなのか前利用者の設置が残っていたのかは分かりません。

利用するのに表示を日本語に戻す操作が必要でした。

 

言語の変更は設定から操作が必要なので、スマホになれていない人はたぶんここで操作をやめてしまうでしょう。

これはちょっとダメな点でした。

 

今までホテルに備え付けの娯楽設備はテレビくらいでした。

でもテレビを見ない人たちが増えてきた昨今、やはりネットが必須とも言えます。

 

宿泊している間だけ利用出来るスマホ

スマホの貸し出すサービスは自分のスマホを持ち歩いている人たちにこそ受け入れられるだろうと思いました。

 

利用したスマホGoogleアカウントが残っていたのが怖かったですが、この点を改良すれば「ホテルの便利ツール」になること間違いないと私は思いました。

 

3月15日から始まったLINE Payキャンペーンが素敵すぎる話。

今までいろいろな電子マネーで20%オフとか還元が何度も繰り返し行われていた。

だが今LINE Payが行っている『春の超Payトク祭20%還元&もらえるくじ(最大2000円)キャンペーン(3/15~3/31)は、今までにない超巨大なキャンペーンだ。

 

pay-blog.line.me

 

 

その理由は”LINE Payカード”払いも還元対象であることです。

 

LINE Payカード”はどんなカードかというと、チャージ式のJCBクレジットカード。

JCB加盟店でクレジットカードとして利用が出来ますカードなのです。

 

今までは電子マネーだけのキャンペーンだったので、どうしても利用できる店舗が少なくて、私も利用したのはコンビニ利用くらいでした。

 

でも今回はJCBカードの加盟店も対象です。

スーパーでも一般店舗でも大手量販店でも…etc、利用が可能です。

 

先日遊びに行ったディズニーランドでも”LINE Payカード”は大活躍でした。

JCBカードはディズニーのオフィシャルカードなのでお土産もレストランでも問題なく利用出来ます。

 

歩道にあるワゴンではさすがに現金しか利用出来ませんでしたが、店舗では問題なく利用出来ました。

 

ただ注意したいのはチャージ式カードであることです。

20%還元だと思いついあれこれ購入してしまったようで、帰りの土産物屋で支払いにカードを渡したら…、『このカードは現在利用出来ないようです。』と言われてしまいました。

 

買い物をしすぎたようでチャージしたお金が足りなくなっていたのです。

支払いはスマートに済ましたい私にはとても恥ずかしい体験でした。

 

それでどうしたかと言えば、その場でチャージ!…これはさすがにやりません。

別のクレジットカードを差し出して支払いをしました。

 

チャージ残高を確認していないがために20%還元を逃しました。

勉強にはなりましたのでよい経験だと考えるようにしています。

 

あと今回のキャンペーンで支払いした後にLINEに『もらえるくじ』が必ず届きます。

 

『もらえるくじ』は初回だけ100円以上が必ず当たるそうです。

私は”100円”があたり、嫁は”200円”が当たったようです。

 

以降も支払いするたびに『もらえるくじ』が届きますが、当たる確率がぐんと下がってたまに当たるくらいです。

それでも計算外のプレゼントは嬉しいですよね。

 

今回のLINE Payは利用実績を増やすため?、それとも利用高をアップするため?

なんでこんな大盤振る舞いをしているのでしょうか?

 

企業側の都合や理由は分かりませんが利用者はメリットしかありません。

普段はポイント還元の低さで財布から抜いているLINE Payカードですが、今月いっぱいはエースカードとして活躍してもらえそうです。

 

f:id:mac-3:20190319225343p:plain

LINE Payカード

 

 

 

初めてのディズニーシー、ファストパスがなかったら悲惨なとこでした。

春雨が降らないかと気になる3月の中旬、冒険とイマジネーションに溢れたディズニーシーに行ってきました。

 

初めて訪れたディズニー・シーはディズニーランドとは違う魅力に溢れていました。

 

夢の国”ディズニーランド”はうちの夫婦にとってとてもメモリアルな場所なのです。

結婚してハネムーンで行ったのがアメリアナハイム

そうです本家のディズニーランドです。

 

英語がしゃべれないとか、プライベート海外旅行が初めてとか、いろいろ不安があった新婚旅行でしたがそんな不安を吹き飛ばしてくる楽しさがあったのがディズニーランドでした。

 

子どもが出来たそのあとには、東京ディズニーランドに2度3度と夢を求めにいったものです。

でもここ10年くらいはディズニーランドに来ていません。

もっぱら遊びに行くのは関西のUSJが主でした。

 

今回訪問するディズニーシーは我々夫婦にとって初めて訪問する場所です。

ワクワクした気持ちで初めてのディズニーシーを訪れて思ったのは”広い”こと。

 

ディズニーランドであれば園内の中心はシンデレラ城ですが、ディズニーシーは”プロメテウス火山”。

 

この山を中心にして周りにアトラクションやショップが配置されています。

今回は山を時計回りに2周、周りました。ほんと広い。

 

アトラクションに入らないで歩いているだけでもディズニーのワクワクを感じさせてくれる広さです。

 

そして人が多い。

訪問したのは土曜日です。

春休み前でしたが、それでも人の多さは尋常ではないくらいです。

 

人気アトラクションのタワー・オブ・テラーなどは待ち時間がどれも2時間超え

です。

 

みんな平気な顔をして並んでいましたがどうなんでしょうか?

私は2時間待つことが出来ません。

待ち時間の短いアトラクションにしか並ぶこと出来なかったです。

 

もし優先的に入場出来るファストパスがなければ、朝の間にファストパスをゲット出来ていなかったら、人気アトラクションには1つも乗らずに帰ることになったかもしれません。

 

午前中にファストパスを『タワー・オブ・テラー』と『インディ・ジョーンズ』の2つゲットすることが出来たのが幸いでした。

 

 

一度ファストパスをゲットすると他のアトラクションのファストパスは2時間以上経過しないと発券されないルールのようです。

 

でもこれはほぼブッキングですよね。(笑)

タワー・オブ・テラー』をゲットした2時間後に『インディ・ジョーンズ』のファストパスを発券しましたが利用可能時間がほぼ一緒です。

 

「アトラクションの距離は離れているが間に合うだろうか…」

ほんといらない心配をさせられてしまいました。

 

最後は開き直って「1つだけでも乗れたらいいや」という気持ちでした。

結局は2つとも乗れて大満足してディズニーシーから帰ることが出来ましたが、心臓に悪かったです。

 

今回、ファストパスを2枚ゲット出来たことで楽しむこと出来ました。

 

混雑時期に訪れるひとはなるべく朝早くから入園して1枚でも多くファストパスをゲットすることが楽しむ秘訣ではないでしょうか。

 

やはり人気アトラクションに乗らないと気分が盛り上がらないですものね。

 

最近本はどこで購入していますか?

f:id:mac-3:20190314222812j:plain

読書

 

最近、本はどこで買いますか?

 

読みたい本や欲しい本があってもけして本屋で本を買わない。

最近ではそんな方が多いのでないでしょうか。

 

私も同じです。

買いたいなと思った本があった場合にはまずAmazonを確認します。

 

最初に確認するのはAmazonのレビュー欄。

 

けっこうまとまった人数のレビューを流し読み出来ます。

ネットでは立ち読みがほぼ出来ないので私はAmazonのレビューを参考にしています。

 

そして本が気に入ったらクリックして購入!…とはなりません。

 

急いで買う必要があれば別ですが、急ぐ必要がない場合には私は中古品の出品を確認します。

 

書籍はどこで購入しても定額販売なので、ショップ購入でも通販サイト購入でも価格に差はありません。

 

ただAmazon楽天ではポイントを付いているので、実質はこのポイント分が値引きに働きます。

 

発売されたばかりの書籍や不人気の本は探したところで中古本がありません。

でもそこそこ人気作品であれば、中古本が出品されています。

 

いつもはそこそこきれい状態の中古本を選んで購入しています。

だいたい新品の半額から7割くらいの価格で購入するようにしています。

 

いくら装飾がきれいで帯まで新品同様な本があっても、価格が7割を超えていれば、私の場合は新品本を購入します。

 

その理由は、会社売店で本を申し込めば時間は掛かりますが1割引で購入出来るのです。

 

価格差があまりないのであれば、やはり新品本の持つインクの香りとか手触りは捨てがたいですよね。

 

会社売店と言えどもあなどれません。

依頼した本が手元に届くまで1週間くらいの時間が必要です。

時間は掛かりますが在庫有りで販売している本は必ず1割引で購入することが出来ます。

 

私の場合、読めたらよい程度の本は中古で購入。

読んだ後にコレクション用に保存まで考える本であれば、会社売店を利用した新品本を購入が良いと考えています。

 

あとは電子書籍です。

スマホやパソコンで読むことだけが出来る程度であればアリですね。

 

私も過去に一時だけはかなり利用していました。

でも日頃に読書する小説の中心が、プロが書いた本から、webに無料公開されているセミプロあるいはアマチュアの作品に移ってからは電子書籍利用が減りました。

 

スマホタブレットで読むと電子書籍もweb小説も同じスタイルで、内容や面白みが無料公開されたので十分であれば、電子書籍は必要なくなると思います。

 

webでは読めないビジネス書や話題作はきちんと「紙本で読みたい。」と思っています。

 

本に関してはこんな今日このごろです。

ほとんど紙本は買っていないのですが、それでも積本になってきています。

それが今の悩みかなぁとは把握しています。

 

読む時間は作らないと、いつまでも読めないままですよね…。

 

50歳以降は頭を切り替えた働きが必要、新しい考えで新しいスタートが必要なようです。

今日、ちょっと気になる記事に出会った。

それはDIAMOND onlineの『定年後も仕事で活躍できる人が50歳でしている「頭の切り替え」』である。

 

diamond.jp

 

この記事を要約して説明すると、50歳までは会社組織で競い合ってキャリアを積みなさい、そして定年後も活躍するには50歳から「頭の切り替え」をしなさい。

そんな内容です。

 

記事の内容のかたは60年以上働いた今でも現役の社会人で、3,000人の再就職を見てきた人材紹介会社の社長だそうです。

だからこそ働くということやキャリア形成、そして転職について一家言もつひとなのでしょう。

 

記事内で特に気に入った言葉をピックアップします。

 

1,キャリアを積むには、

・キャリアは入った会社で周囲の人と一緒に働きながら作っていくもの。

 与えられた場所でじっくりと自分を成長させていくのが一番だそうです。

 

キャリアは経験です。

ただ闇雲に同じことをすればキャリアになるのではなく、「正しい判断力」や「周りとの調整力」などの人間性や時代の流れ、流行への対応などそれらが噛み合って経験してキャリアとなり、評価されるようなるのでないでしょうか。

 

そして技術的なこと以外のキャリアは組織内で失敗しながら形成していくのが一番である。そんなことが書かれていました。

 

確かに私のように長年、企業の中で経験を積んだ人には、キャリアは大きな自信になっています。

 

若いときはただ闇雲の働いてキャリアを形成しますが、中には若い人で転職する人もいます。

でも転職は最後の手段。転職はキャリア形成とか周りの評価とか、どちらかと言えば悪い評価になります。

人材紹介会社の社長だからこそ、”損”しか見えないのでしょう。

 

そんなキャリアを形成をしても定年はやってきます。

人生100年時代ですが定年後はどうしましょうか?

 

定年後に幸せな暮らしをするには、まず働くこと。

働くと周りや社会が必ず幸せになる。

そして周りの幸せに貢献するやりがいが本人を幸せにする。

そんな理屈だったと思います。

 

ただし定年後に活躍しようとすると50歳までと同じ働き方をしてはいけないらしい。

がむしゃらに働いてキャリア形成するよりも、「人生後半をこんなふうに歩いていきたい!」その思いをしっかり持つことが大切なようです。

いきいきと仕事で活躍するためには自分の信じたものさしを持つことが大切なようです。

こうして、自分の価値観、自分のものさしをしっかり持つことができれば、自然と定年後は幸せに暮らすことが出来る、そんな記事でした。

 

今、私は会社を離れて何かが出来るか?それの答えを求めてブログで自分を鍛えています。

 

会社は人を入れ替えリフレッシュするために定年を設けています。

今は60歳または65歳になれば会社からフェードアウトが必要になる会社がほとんど。

 

会社をフェードアウトした後でも、ブログを書き続けることでネットで何か出来ることないか。

 

今は何も見えない道である。

でも逆にいえば今は真っ白。どんな色にも染められ、そして進めたい方向に舵をきれる。

 

私は肩の力を抜いて長く楽しんでいこうとは思っている。