mac-3's blog

好きなことを楽しむブログ。

ピュアな感動を忘れた人に観てもらいたい『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。

放火による犠牲者の志をついで制作が継続されたアニメ映画。

制作会社「京アニ」の放火事件に、そしてコロナウイルスによる公開延期と、幾多の苦難に見舞われながらもその困難を乗り越えて公開されたアニメ映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。

 

この映画は制作側だけではなく、視聴者側にも特別な思いを持って観た人が多いのではないでしょうか。

 

わたしもそのひとりかもしれません。

このアニメが京アニの作品と知って、「映画を完成してくれてありがとう」「今後もすばらしい作品を作り続けて!」と言うエールを贈りたい気持ちを持って鑑賞しました。

 

今でもアニメは大好きです。

でもテレビでアニメを観なくなってどれくらいでしょう?

映画以外はまったくアニメを観なくなりました。

原因は細切れにしたストーリーを3ヶ月掛けて観るのが辛いからと自己分析しています。

若い頃はもっとアニメに夢中になっていたのにね。これって年齢のせいかもしれません。

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン」も以前にテレビアニメで制作されていたようです。

でもTVシリーズを観ていないので公開された映画は2日前にネットで予告編を観て知りました。

でもね、その予告編との出会いが運命になったのです。

 

予告編を観て不覚なことに涙が出たんです。

本編を観ずに予告編で涙が出るなんて初めてかもしれません。

涙が出たその瞬間に、私の本能が「こりゃ観るしかない」と訴えかけてきたのです。

 


『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』本予告第2弾 2020年9月18日(金)公開

 

この作品のテーマは”純”でないかというくらい、とってもピュアな作品です。

主人公のヴァイオレットはどこまでもピュアですし、ヴァイオレットを取り巻く周りの人だって、とっても熱くハートフルな人ばかり。

「どこにも悪人は存在しない映画」ですね。

”純”を貫くストーリーだからこそ、観客の目から涙がこぼれる作品になったと思います。

 

もうすっかり”おじさん”になった私のはヴァイオレットの”一途な心”は眩しすぎたかもしれません。

「世の中こんなにうまくいくもんじゃない。」と思ったり。

戦争から何年もたっているのに少佐が独り身だったのは奇跡!

なんて思ったりもしました。

 

でも良いじゃないですか。

ヴァイオレットに「純愛」を感じて、そして彼女がしあわせを掴んだことに共に喜んで、涙することが出来たのですから。

 

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は見た感じ、観覧者は6:4で女性が多かったかもしれません。

でもおじさんにこそ観てもらいたい。

リアルではありえないピュアな物語に感動出来る、それが『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』です。

 


f:id:mac-3:20200921231146j:image

 

平常を楽しめる日が来ることを願って…

今日は久しぶりにイライラした。平常心ではいられませんでした。

 

今日、私は、秋のお彼岸を迎えて家族で京都まで墓参りに行ってきたのです。

京都市に着いて西陣の雨宝院で彼岸供養してから銀閣寺近くのお墓にお参りしたのです。

 

でも車の多いこと。

4連休ということ、そしてGO TOトラベルです!

GO TOトラベルで観光客が京都に流れ込んだことがこの日の人の多さにつながったと思います。

ほんと呆れるくらいでした。

 

京都ではポピュラーな大通り、堀川通りや大宮通りを車で北上しました。

でも同じ方向に進む周りの車は他府県ナンバーばかりです。

 

「地元の人は避ける道を選んで走っている!?」

道を選び間違えたとも思いもしましたが、それにしても他府県から流入しすぎだろうと思います。

 

少し前までは日本中で、「他府県ナンバーは石を投げられる」とか、「コロナを持ち込みな!」とか、そんな雰囲気すらあったのにね。

いまは「カモン、ウェルカム!」です。

 

こんなに渋滞した中、車を走らせたのは昨年以来でしょうか。

時間が掛かるのは、コロナ前よりひどいかもしれません。

 

この4連休からイベントも解禁されました。

今までスポーツなどの大人数を導入するイベントは上限5千人でしたが、収容率50%以内であればオッケーに変更されています。

 

ニュースでは多くの観客が球場などに戻ってきたと伝えています。

良かったと思う反面に、声を出せない応援のストレスで、観客が離れていかないかと危惧しています。

 

野球観戦の場合、昨年までであれば、球場でビールを飲みながら、応援歌やヒッティングマーチを歌ったり、攻撃の間は休むことがないくらいに声を出していました。

でも今は声出しがダメ。

いまは声出しがクラップに変わっているみたいです。

 

声出しで言えば、自宅でテレビ観戦しているほうが大声を出せてるのではないでしょうか。

確かに球場では生の迫力はあるでしょうが、あのうるさいくらいの応援がないと、とたんに静かな球場を想像してしまいます。

 

今まででも2軍戦がそうですね。

トランペットも応援歌も無いなかで、見る野球はエンタテイメントとしてチカラ不足に感じるかもしれません。

 

映画館もイベント解禁に合わせて観客数アップと思いきや、私が一番よく行くイオンシネマでは一席空けて座る視聴形態のままです、変化がありません。

 

でもこれはすごく安心感を与えてくれます。

イベント解禁といえど、コロナを取り巻く環境は何も変化していないのです。

そんな中、以前と同じようにすぐとなりに知らないおじさんが座っていたら、怖くないですか。

わたしはまだダメです。

今はまだ隣の席で小さく咳をされるだけで、「ビクッ」とからだが反応してしまうと思います。

 

あとは音楽イベントの回復を待つばかり。

今までとまったく同じ運営は無理でも、模索して導いた新形態を試す時が今かなとは思います。

 

平常を楽しめる日が来ることを願って…

私が”NURO光”を選んだ理由。

我が家のインターネットはADSLです。

もう10年以上も前からYahooBBの12Mを使っています。

いまだにADSLなのです。笑

 

”12Mbps”ですが、実行速度では6Mbpsくらいのスピードしか出ません。

「スピード遅くない?」とか、「複数端末でアクセスしても動くの?」とか思いますよね。

以前はもう少し速い9Mbpsくらいのスピードが出ていたのですよ。

でも接続先の電話局が遠くに切り替わったのかもしれません。

昨年くらいからスピードが2/3に落ち込んみました。

私は逆に思っていたのです。

ADSL終了が近づくにつれて利用者が減るから、「これからスピードアップするかも!」と思っていたのにね。ダメでした。トホホ

 

さすがに6Mbpsはちょっとストレスを感じます。

複数の端末が同時にアクセスすると重く感じるときがアリです。

 

そんなある日、Twitterで「スピードの速いwifiは?」ってつぶやきをみたのです。

気になってコメントを見ると、みんなが”NURO光”を勧めていました。

ダントツの人気でした、”NURO光”ならネットも動画もゲームもストレスなく動くという評判。

もうそこからは”NURO光”が気になって気になってしかたがありません。

気づいたらその日の夜に”NURO光”を申し込んでいました。

 

NURO光が他の光回線より速いのは知っていました。

下り最大速度が2Gbps、日本最速ですよね。

 

でもADSLを使いながらも考えていたのは、維持費を考えるとスマホの通信費が安くなる光回線に切り替えるべきかな。と言うことです。

 

でも実際に私のとった行動は費用のことは無視!

通信スピード重視した切り替えでした。

 

だってソフトバンクスマホでない我が家では”NURO光”に切り替えても費用メリットなんてありませんもの。

 

今年になって5G通信も始まったので、あと数年もしたら通信速度はギガが当たり前のようになるかもしれません。

 

となると、これからはいろんなコトやモノが速い回線を前提に作り上げられていくことになるのではないでしょうか。

 

もちろん従来のMbpsでも十分に楽しめるコンテンツやサイトはあると思いますが。

これから盛り上がるオンラインゲームやeスポーツなどを楽しむには安定した速い速度でないとダメ。

バーチャルをリアルが結びついていくと、速度って最重要なポイントになると私は考えたのでした。

 

ネットからNURO光に申し込みましたが、開通までは数ヶ月掛かるようです。

調べると”NURO光”の工事は2回、屋内工事と電柱から家に有線を引っ張る屋外工事があります。

 

屋内工事はすぐに対応してもらえる段取り取れましたが、屋外工事がネックですね。

1~2ヶ月待ちみたいです。

ホームページの小さな文字を読むと、関西の人はさらに1~2ヶ月待つこともあるような記載まであります。

 

ということは最大4ヶ月待ちでしょうか!?

下手すると年内無理なんてことにはならないですよね。

 

気持ちが盛り上がっている今のうちに工事が始まることを期待して待ちます…。

 

「寝る前に言うだけで軌跡が起きる」、私は結構ハッピーです。

今日はお気に入りのYouTubeを紹介します。

それはこれ、マジでやばいです!

 


奇跡🔯寝る前コレ言うだけ😲マジでヤバイ引き寄せ🔯宇宙さんの方法❗知れたアナタすでにラッキーだねぇ😲💕

 

どんな動画かと言うと、「寝る前にコレを言うだけでしあわせになれる」ことを教えてくれる動画です。

 

これってバカな暗示と思いましたか?

でも自分は毎日これを実践して、結構ハッピーな気持ちで過ごせています。

暗示とか思い込み、はたまた勘違いでも、以前よりハッピーを感じている自分が確かにいます。

 

この動画のネタバラシになりますが、この動画が言いたいのは、寝る前に「明日は最高にハッピーな日になる!」と心から思うこと。

心から思うだけです、とても簡単ですね、これでハッピーになれるのです。

 

聞くだけだと眉唾もの、たしかに怪しいですね。

私も最初は軽い気持ちで初めました。

まるで演技をしているように感情を込めて、「明日は過去最高にしあわせな日になる!うゎっどうしよう。」なんて、ワクワクな気分を込めてから寝込んだものです。

 

そしたら翌朝は普通に起きました。

まったくなんてことはない、普通ですね。

いつもと変わらぬ朝だったのですが、一点だけ違ったのが、「今日は最高にしあわせな日になる」っと思い込んで起きれたこと。

うそっぱちでも確かにそう思い込んで、起き上がりました。

 

昨日、寝る前に演技っぽく気持ちを込めたのが良かったのか、起きても”しあわせな日になる”という思い込みは続いていました。

 

簡単に見えますが、これって結構大切です。

実践すると、一日のスタートをるんるんした気持ちで迎えられますし、落ち込んだ時に足が重たくなる通勤だって、「しあわせな一日の始まりだー」と飛び出して行きたくなります。

 

そのあとの過ごし方は自身の気持ちの問題です。

 

しわせな気持ちを続けるには、自分の中にある”しあわせ”を感じるスイッチをオンにしてあげれば良いのです。

しあわせに感じる心があれば、どんな小さなことだって、些細なことだって、しあわせだと感じることが出来ます。

 

例えば、「電車で座れたこと」、「会社であいさつされたこと」、「すれ違う人が道をゆずってくれたこと」。

どれも小さなことです。

でも、どれもが”小さなしあわせ”なのです。

 

毎日を仕事に追われると、つい目線が下を向きがちです。

でもね、同じ忙しく生活して生きるなら、しあわせを感じながら、前を向いていけばいいのでないでしょうか。

 

下を向いても、前を向いても、自分に当たる風圧は同じ。

ならば、むしろ上を向いて行けばいい「いや、上を向くべき!」私はそう思います。

 

 

鞍馬寺の持つすごいところ。



f:id:mac-3:20200915233315j:image

 

今年はちょっと思うところがあって鞍馬寺に月参りしています。

さすがに日にちを合わせてお参りするのは難しいので、月の中ごろと決めて鞍馬寺に参拝しています。

 

鞍馬寺は京都の北山にある山寺、大阪からは結構離れています。

でもこの距離と時間が私にちょうどいい感じです。

 

喧騒な大阪を離れて電車を乗り継いでたどり着く鞍馬寺は、私を日常とはまったく別の世界に連れて行ってくれる、そんな場所です。

 

京都のお寺はどこも歴史を感じられますが、鞍馬寺もとっても歴史を感じる1,000年以上続くお寺です。

というか、たぶん古いほうから数えたほうが早いお寺だと思います。

 

建物自体は幾度の火災によって創建時のものではありませんが、訪問すると古の歴史をあちこちで感ずることが出来ます。

 

鞍馬寺はお寺の歴史だけではなく、山の成り立ちや地層からも太古の歴史が感じられます。

それも壮大な歴史、人の歴史なんて目じゃないくらい、次元が違うとしか言えないパワーを感じられるのです。

 

鞍馬寺で目立つのは説明板。

その場所を説明した看板があちこちに立てられています。

その中には石や岩、そして地層を説明した看板もあるのですが、そこにはにわかに信じられない年代が書いてあるのです。

 

例えば岩がゴロゴロした前の看板を見ると、白亜紀とかジュラ紀とか。

ジュラ紀とか聞いたことありますよね。

そうです恐竜のいた時代です。

2億年前くらい、その時代の岩が露出したりしている山が鞍馬山なのです。

 

恐竜がいた時代だけではなくて、古生代ペルム紀とか恐竜すらいない、太古の岩も見れるらしいです。

 

すみません、私は岩が分かりません。

どの岩も石も全て私には同じに見えてしまいます…

 

でも、すごくないですか?

さらに鞍馬寺のご本尊は「尊天」、「すべての生命の生かし存在させる宇宙エネルギー」とされています。

何やらパワーをもらえそうなご本尊です。

 

私は長く続くものには長く続くだけのパワーが秘めれていると思います。

だって、人を惹き付ける魅力やパワーがなければ、千年以上に渡ってこの世に存在するなんてことは不可能だと思いからです。

 

何かしらチカラが働いているからこそ、千年以上に渡って人々を引き寄せている、それが鞍馬寺だと思います。

 

ことしは鞍馬寺にお参りしたのがすでに4回。

4ヶ月もお参りしていると、気分はもうベテランですね。

これからは季節の移ろいを感じながら参拝が出来たら素敵だ、なんて考えています。

 

秋の紅葉、冬の雪、そして春の新緑。時には雨の中を参拝するのも良いかもしれません。

どれもまだ未経験、これからです。

 

鞍馬寺の持つ惹き寄せパワーを分けてもらいつつ、参拝を楽しめるとよいですね。

キーケースを買い替えた話。

私が外出する時に持ち歩く必需品は、スマホ、財布、そしてキーケースの3つです。

どれかを忘れて外出なんて、考えられないですし、もし忘れたらと考えるだけで不安になります。

 

逆に言うと、この3つを持ち歩くだけで、何でも平気になって怖いものがなくなります。

 

私にとってはこの3つさえ持っていれば大丈夫「忘れ物なし」です。

他に忘れているものがあったとしても「なんとかなる」気がするのです。

 

実際にはチケットとか、切符とか、クーポンとか、持っていないと困るものはたくさんあるのですけどね。汗

それでも、この3つが持ち物のベースになっているのは確かです。

 

今、私の財布は、大きい財布と小さい財布を使い分けています。

小さな財布はサイズ通り、少ししか収納が出来ません。

持ち出すカードや現金とか、いろいろと絞り込んで最小限にしないと財布に収納することが出来ません。

 大きな財布に比べて不便かもしれませんが、逆に「お手軽さ」は大きな財布よりもはるかに上。

現金で支払う機会が少なくなった今、小さな財布が私のレギュラーです。

 

そして、いつも持ち歩いているのがキーケース。

でも、長らく利用してきたキーケースがバネホック部分で壊れてしまいました。

壊れたのはバネホックではなくて、ホックを固定している革が破れてきたのです。

 

もう何年も利用したので寿命かなっと、急きょ新しいキーケースをアマゾンで探して購入しました。

 

購入したのがこれです。 

 

今回は間違いなく価格優先して購入しました。

 

でも今の車のキーは「スマートキー」なんですね。

この間、車のディーラーに点検で訪れた時も、店のおねえさんに「車のキーを貸してくください」って何回も言われたのです。

 

「キーは差している」って言ったのに聞いてくるので、おかしいとは思ったのですが、おねえさんの思っているキーはスマートキーだったのでしょう。

 

キーケースを探してもスマートキーを前提にしたケースが多かったですね。

私が探したのは以下のキーケースです。

・差し込むタイプの車のキーが付けられる。

・免許証と小銭が数枚、収納出来る。

 

予算2千円!?で探すと、これって意外に難しい。

まず、スマートキーを前提にしたようなキーケースが多いこと。

そしてチャック式の小銭入れが意外に少なかったこと。

結局購入したのは、小銭入れがなくて最安と思えるキーケースにしました。

 

でもね、壊れたキーケースですが、バネホックを付け替えることで修理が出来たのです。

 

新しいのを買う前に修理を思いついていたら新しいキーケースを買う必要なかったのに…ですね。

修理後、外側からホックが見えるようになったので見た目に減点かもしれません。

でも個人的には全然オッケーですね、これくらい。

 


f:id:mac-3:20200913232449j:image

 

 いずれどこかで再利用したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザが流行しない理由。

新型コロナウイルスによって感染症への関心が高まって、今年はインフルエンザワクチンの接種希望者が増える見込みだと言われています。

 

厚労省によると、今冬のワクチンの供給量は約6,300万人分になる見込み。

今年は2,964万本なので、3倍くらいの供給量を確保したみたいです。

でも本当に接種希望者がこんなに増えるのでしょうか?

 

コロナもインフルエンザも高熱が続く病状が似ていることから、同時流行した時を考えてインフルエンザワクチンの接種を勧めているみたいです。

 

今年の冬もそうでしたが、新型コロナウィルス感染の疑いがあると開業医では診療してくれないケースが出てくるかもしれません。

 

コロナウイルスとインフルエンザの同時流行では、死亡リスクが高くなるから、感染リスクの高い職業の人、重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患を持った人はワクチン接種するのは良いと思います。

 

でもこれも今までと変わらないですね。

インフルエンザワクチンはインフルへの罹患を防ぐことは出来ません。

でも重篤化を防ぐという意味でワクチン接種をするのはリスク高い人に大いに勧められます。

 

では一般的にはどうなのでしょうか?

私が思うのは今年の冬と同じ考えでよいのではないかということ。

例えば今までも、インフルエンザワクチンを接種していても型が合わなかったと、インフルエンザに罹患する人はいますよね。

 

もしインフルエンザに罹患した時に、コロナウイルス第◯波と重なっていたら、ご近所の診療所では診療してもらえないなんてケースが出てくるかもしれません。

またはコロナウイルス感染を疑われて、PCR検査することになるかもしれません。

 

そもそもコロナ対策で、社会全体でいろんな感染症予防対策を取っていますよね。

マスクをして、手指をアルコールで消毒して、ソーシャルディスタンスで距離をとって、在宅勤務で密を避けるとか。

 

今年の冬はこれらのコロナウイルス対策が功を奏して、インフルエンザ罹患した人が非常に少ない年になりました。

これだけ感染症対策しているのですから、インフルエンザだけでなく、風邪に罹患する人も次の冬には少ないと私は思っています。

それぐらいみんな出来る対策は全てやっていると私は思います。

 

この夏、とても暑い夏で辟易とした人が多かったと思います。

夏の暑さから温暖化を考えたら「冬は暖冬」かな?と思っていたのですが、どうも今年の冬は寒いみたいですね。

 

インフルが流行っても、コロナ第◯波が来ても、あまりビビらずにいつもと同じノーマルな行動で過ごせたらいいな…そんな希望を持っています。