mac-3's blog

好きなことを楽しむブログ。

とある少年が決断した日。

最近、思い出すのです、こどもの頃のことを。

 

それは保育園に通っていた当時、わたしが6歳のときの話です。

当時は親父はすでに他界していましたが、父親の家族と一緒に住んでいました。

 

それほど大きな家です。

平屋の家に、母親とわたしたち兄弟3人、それにじいちゃんとばあちゃん、後はおじさんが結婚するまでは、確か一緒に住んでいたと思います。

 

母親は親父が亡くなったあとも、そのまま父親の家族と一緒に住んでいたのです。

どんな気持ちで一緒に住んでいたのか、この当時、保育園児だったわたしには良く分かりません。

 

でも母親にとって、義父母と一緒に暮らすのは嫌なこともあったのでしょう、たぶん。

だから父親が亡くなったあと、5年後くらいに家を出て自立生活を始めたのでした。

 

当時、女性がフルに働くことは非常に珍しいかったと思います。

母親も電車通勤をしていても、廻りは男性ばかりだったと言っていましたから。

 

そんな母親が別居を始めました。

まず、気付けば母親だけが暮らしていた家を出たのです。

当然、保育園児のわたしは何も聞いていません。

 

我々、子どもはどうしたでしょう?

 

兄姉からは、「この家を出ていくけど、おまえはどうする?」

みたいなことを聞かれたのを憶えています。

 

当時のわたしは、事の重大さがまったく分かっていません。

ちょうどその時、住んでいた家で玄関の鍵を新しいのに変えたのでした。

 

新しい鍵を開け締めするのが楽しくて、ばあちゃんから「家に残ったら毎日、カギ締めさせたるで!」と言われたこともあって、「残るのもいいなぁ」なんて考えていたのです。

 

そして実際に兄姉が母親のところに行くことになった時…、急にものすごい寂しさがわたしに襲ってきたのでした。

 

「待って、僕も行く!!」

 

兄姉が出ていこうとした時に、自分もと叔父の車に乗って家を出たのでした。

 

今に思えば、ものすごい決断を保育園児がしたのです。

こんなもの、保育園児に判断させんなや!!!

 

もし仮にひとりだけ、じいちゃん家に残っていたら今頃どうなっていたか…。

今のわたしは存在しないし、居なかったかもしれませんねぇ。

 

今思いだすと、あのカギを取り替えたのだって、母親が家を出たからなのでしょう。

二度と家に入れない!、みたいな思いがじいちゃんとばあちゃんにあったから、カギの取替えに走ったのかもしれないですね。

 

3人兄弟が母親のところに着くと、母親は「一緒にきたんだ」とわたしも一緒だったことをとても喜んでくれました。

 

どうも母親はわたしだけ残る可能性も考えたみたいです。

たぶんじいちゃんとばあちゃんが寂しいから、末っ子のわたしだけを手放さない可能性があったのでしょう。

だからわたしが一緒に母の元へ移ったのが、とても嬉しかったのかもしれません。

 

あれから50年…

いまでは夫婦がくっ付くとか、離婚するとか、別に珍しくなくなって、あちこちで起こっていることです。

 

でもね、小さな子どもに、状況が分かっていない子どもに、「どちらについていく?」みたいな判断をさせないで上げてください。

 

50歳を通り過ぎた今でも、あの日の出来事は、とても鮮やかに憶えているのですから。

 

受信メールは誰のもの?

ある日突然に保存メールが失くなる。そんなことが起こるかもしれません。

 

これはわたしが実際に体験したことです。

わたしは昨年からchromebookパソコンを使っています。

chromebookパソコンはハードは非力ですが、chromeブラウザベースで動くだけなので

軽々と動きます。

わたしのようにパソコンを使う用途が、「オンライン会議」、「ブログ作成」、そして「メール確認と保存」だけであれば、まったく問題ありません。

 

使う用途のひとつ「メール確認と保存」ですが、わたしはメールソフトのoutlookをインストールして利用していました。

 

「なぜoutlookを使ったのか?」

それはやっぱり有名ソフトだったから。

chromebookgoogleの作ったパソコンですからメールは基本Gmailを使うようになっています。

 

でも他のメールもチェックして保存する必要があります。

そこでPlayストアで確認したら、マイクロソフトOutlookがあったら使うじゃないですか。

だってマイクロソフト製なんだもの。安心感がありますよね。

 

それが突然にです。

突然に過去メールが失くなったのです!!!!

 

ネットで調べると、マイクロソフトOutlookChromebook対応を終了すると記事になっていました。

 

forest.watch.impress.co.jp

 

突然の対応終了です。

終了とは言っても、「メールの送受信が出来なくなる」程度であればまだ許せます。

この場合は他のメールソフトに乗り換えればすむだけですから。

 

でもね、わたしが経験したのはそんな程度ではありません。

ある日突然にです、「Outlookに保存していた過去メールが失くなったのです。

 

ある日、いつものようにOutlookをクリックすると、”サポート終了””のようなメッセージがポップアップで画面に表示されました。

「??」と思いながら、ポップアップを消してOutlookを見ると、受信ボックスに何もありません。

 

そしてメールサーバーにアクセスが始まって、メールサーバーに残っているメールを新規に受信する動作を始めたのです。

 

わたしの場合、過去2ヶ月分くらいサーバーに保存されていたみたい。

それより前のメールは見ることが出来なくなりました。

 

大切なメールとか受信ボックスに残していたのに…すべてが失くなった…

ちょっと信じられないですよね。

 

メールを使い初めて20年くらい?

こんなこと初めてです。

 

受信したメールって自分のものだと思っていましたが違うみたい。

「パソコンのメールソフトに保存しているから大丈夫」っと思い込んでいただけだったみたいです。

 

こんなのどうしようもないですよね…

コロナ禍と血液型の話。

ひとの血液型っておもしろいです、血液型による違いってあらわれますよね。

 

まず、よく巷で言われるのは性格です。

「A型」の人は、几帳面でまじめとか。

「B型」の人は、わがままで積極的だとか。

「O型」の人は、おおらかだとか。

そして「AB型」の人は、天才タイプだとか。

 

血液型の話は軽くて皆が関連する話題だから話やすいのか、お酒の席などでちょくちょく話題に上がったりします。

でもほんとうに血液型だけで性格が決まるわけじゃないでしょうし、自分は当たっていると思っても、実際に全員が当たっているかは分かりませんものね。

 

わたしが思うには、血液型と言うのは性格のベースなのだと。

そのベースに、環境とか廻りの人の影響があって、ひとりひとり性格が特長が出て違ってくるのだと思うのです。

 

我が家の場合、家族全員がA型です。

結構と言うか、全員が、ものすごくまじめな家族だと思います。笑

 

几帳面さはどうでしょう?

わたしから家族を見ると、几帳面と言うか、むしろ「気にしすぎ」なんじゃないかと思うくらいです。

やはりA型なのでしょう、細かなことが気になるみたいですねぇ、うちの家族も。

ちょっとくらい目をつぶれば良いのに…とは思っても、なかなか言えませんけれど笑

 

今日仕入れた血液型に関する情報で、面白かったのは「血液型とコロナ感染率」です。

 

toyokeizai.net

 

どうも血液型によって、コロナに感染し重症化する割合に違いがあるみたいなのです。

一番感染しづらくて重症化しないのは”O型”みたいです。

O型の人は他の血液型の人よりも、10%〜20%もコロナ感染をしづらいようです。

いいですね、わたしもO型に生まれたかったかも。

 

逆に一番感染しやすい血液型は”AB型”だそうです。

怖いですね、AB型の人は免疫力を高める努力をして感染に気をつけましょう。

 

わたしはA型です。

A型は良いほうかと言えば、どうもそうでもありません。

A型はO型の次に感染しやすい血液型みたいです。

 

でも最後には感染しやすさに個人差が出てくると思うのです。

一番感染リスクが高くて注意が必要なAB型の人でも、免疫力を高める食事とか、ビタミン接種など、個人で出来る免疫アップを図るだけで感染率は変わると思います。

 

何もしないO型と、常に免疫力アップをはかっているAB型を比較した場合、ベースだけを比べるとO型が強いかもしれませんが、食事に気を配って免疫力アップを図っている人のほうが、絶対にコロナウイルスに強いと思うのです。

 

わたしはそう考えています。

自分にどれだけのリスクがあるかを考慮して個人で出来る免疫力アップを図る。

 

そして注意もする!

今はこれが大切なのかもしれません。

コロナ禍の非常事態宣言で思うこと。

「コロナは風邪」と言えば非難されるだろうが、そろそろコロナの扱いを見直しする必要があると思っています。

 

今、わたしが住む地域は「非常事態宣言」が発令中。真っ只中です。

でも今回ほど”非常”を感じない、”非常事態宣言”はありません。

 

だってどこもが営業中。

スーパー、デパート、映画館にスーパー銭湯まで。

市立図書館も前回の非常事態宣言では閉館していたのに、今回は開館しています。

非常事態宣言と言えども”非常”じゃありませんよ、これじゃね。

 

非常事態を感じるのは飲食店だけです。

夜8時以降は営業していないですし、アルコール提供もしていない。

 

ファミレスに夕がた5時頃に入店すると、ウェイトレスさんに営業時間を言われます。

「夜8時まで営業です。」

このことばをちょっとひねて受ければ、「食べたらすぐに帰れ」と言われていると受け取れます。

嫌だけれど実際に8時には閉店なんですよね。

 

この時だけ非常事態を感じるけれど、それ以外では、日常生活で非常事態をほぼ感じられません。

 

これ、実は国や自治体が意図的に操作しているとしか思えません。

たぶん経済を止めずに回しながらコロナ感染者数を減らす作戦だとは思うのです。

 

実際に今回の感染者だってピークは過ぎたみたいです。

国民の行動自粛によって、ガマンによって感染者グラフが下がってきています。

 

news.yahoo.co.jp

 

日本はオリンピック/パラリンピックを開催して、そして経済を回しながら感染者数を減らすという、”二兎を追う”作業を実行出来そうなのです。

 

では、今の非常事態宣言が解除された後に次の波が来たときにはどうなるでしょう?

わたしの予想です。

急激な感染者数増がない限り、今回同様か、飲食店の時短をもっとゆるくするかもしれないと考えています。

 

国も自治体も経済を回すことを考え出したなら、コロナをやみくもに怖がるのはそろそろやめるべきではないかと思うのです。

 

デルタ株によって、いくらワクチンを接種してもコロナ感染は防げなくなりました。

と言うことは、ワクチンは接種者が重症化しないとか死亡しないために接種することになります。。

本人のためだけに接種するワクチンと言うことですね。

 

ワクチン接種者が増えると重症者が減り、コロナで入院する人が減るのでしょう。

でも感染者は減りません。

 

国や自治体も経済を回しだした今、そんなコロナ禍で次にすることは何でしょうか?

それはコロナねの取り組み、進む方向を示すことでしょうか。

 

「コロナは風邪」とは言えないと思いますが、「そこまで心配しなくていいよ」って言ってあげることが出来ないものでしょうか。

 

感染力が強くて、そして初めての感染症だから、疾患を持ったひとには、やばい影響が出ることもあります。

 

感染をしないように対策するのは必要でしょうし、マスクや手洗いなどはずっと必要だとも思います。

 

「コロナ前に戻ることはない」とも思っていますが、今指針を示す時かもしれません。

「こういう社会にしていく」と力強く示すことが必要な気もしています。

 

そうだ、鞍馬寺に行こう!

山はいいですね。

 

京都の北山に建立されている鞍馬寺まで、月1度のお参りを初めて1年を超えました。

毎月お参りをしていると、お寺も山も少しずつ表情を変えていることが分かってきます。

 

春には春の顔、夏には夏の顔、そして雨降りには雨の顔を、違った表情をわたしに見せてくれるのです。

 

毎回、同じ場所でまったく変わりがないハズなのですが、時には汗をかいて歩いたり、時にはぬかるんで歩きにくかったりと、違った表情を見せてくれます。

まったく同じ表情は見せてくれません。違いを感じさせてくれるのです。

 

わたしはどの表情も好き。

明るく晴れた日には汗をかきながら歩きますし、雨上がりにはぬかるみを避けて歩きます。

 

どの時期の鞍馬寺がおすすめ?

初めて鞍馬寺を感じるには、晴天の晴れている日がよいと思います。

雲の動きも分かりますし、いろいろ見えてくるかもしれませんしね。

 

でも本当のおすすめは、実はわたしも分からないのです。

鞍馬寺のパワーを最大に感じたのは今年の7月に参拝したときです。

 

この時は人もそれほど多くなかったですし、ひとりでも参拝しやすい環境だったと思います。

 

金堂を普通にいつもどおり参拝して、次は奥の院へ参拝した時でした。

奥の院にはだれも参拝しておらず、私一人が参拝出来る状態でした。

いつもと同じ手順で参拝したのですが、その時に感じたパワーが、”気”がすごかった。

前面からこちらに向かって、すごい”気”が押し寄せてきたのです。

 

わたしも負けまいと、”気”に向かって、一心不乱に拝んでいます。

あのパワーは、たぶん今まで感じた最高のパワーだったかもしれません。

他の神社や仏閣を含めても、あれだけのパワーを感じたことがありませんでしたから。

 

もし、鞍馬寺のパワーに出会うことが目的なのであれば、わたしと同じように数多く参拝するしかないかもしれせん。

 

もし観光目的であれば、やはり山とお寺がきれいな春と秋がおすすめです。

一番おすすめの時期は4月、金堂前の境内にいろんな花が咲いてとってもにぎやかです。

 

f:id:mac-3:20210910222053j:plain

 

ただし、花なので咲いている時期は短いです。

5月には花を見ることが出来ません。わたしも出会えたのはこの4月だけでした。

次に出会えるのは来年の4月でしょう、たぶん。

 

4月は無理という方は、秋がよいと思います。

秋は山がとってもカラフルになる季節です。

 

夏の山は緑色ですが、秋になると木々が赤や黄色に色を変える。

みどりと青とそして赤。黄色も混じって、にぎやかな山を観るのはとっても楽しくなってきます。

 

f:id:mac-3:20210910222725j:plain

 

本当は冬の寒い日もおすすめなのです。

だって、汗をかかないで山に登れるのですから。

 

もうすぐ秋がやってきます。

来月以降はコロナも少しは落ち着くでしょうから、お出かけしてみるのも良いかもしれませんね。

 

「小麦色へのチャレンジ」、2ヶ月半で完成しました。

今年は気分一新、また新しいことにチャレンジしてみたくて肌を焼いています。

 

6月中ごろからタンニングマシン、近所のスーパー銭湯に設置されているコイン式日焼けマシンを使って肌を焼き始めました。

 

最初はおっかなびっくりでした。

マシンに入るのだって腰が引いていたかもしれないです。笑

 

なんとかスタートを切って、もうじき3ヶ月が経過します。

さすがに3ヶ月間、毎週20分の紫外線を浴びていれば、肌色も小麦色なりました。

こんなにきれいな小麦色にチェンジ出来たのは生まれて初めて!まさに初体験です。

 

自分で思うには、「これくらいの肌色がちょうど良いかな」って今思っています。

毎週20分、紫外線を浴びるのは苦になりませんが、これ以上濃い色にする、ボディビルダーのような色にするのはなんか違うように思います。

 

夏も終わりますしね。

これからは長袖シャツとか着るでしょうから、人に肌色を見せることは皆無になるでしょう。

 

と言うことで、わたしが始めた「小麦色へのチャレンジ」は2ヶ月半で完成したことにしました。

 

後はこの肌色をキープすること。

小麦色をキープするには、どれくらいの頻度でタンニングマシンに入るべきなのでしょうか?

 

じつはネットで調べても、これっと言う回答が見つかりません。

と言うのも皆の条件がそれぞれ違うから。

ベースの肌色も違いますしね。

 

わたしの肌は元がけっこう白いほう。

ノーガードで日焼けしたなら、すぐに真っ赤になるタイプです。

そんなわたしでも小麦色になれる…タンニングってすごいですよね。

 

結局、ネットでも答えは分からないので次回からはタンニング時間を半分にしてみようかと思います。

 

今までは毎週20分間のトライ。

タンニングするたびに小麦色は濃くなっていました。

これを半分の時間、10分間だけタンニングすることにします。

たぶんこれで肌色がこれ以上濃くなるのは抑えられるような気はします。

 

だってタンニングの10分ってむちゃ短く感じます。

10分じゃ汗も出ないのではないでしょうか?

 

これで様子を見て、「肌色がどう変化するか、はたまた変化しないか」をきちんと管理してみます!

 

日焼けは世間でデメリットばかり言われます。

皮膚がんになるとか、しみ、そばかすの原因だとか。

でもね、メリットだってあるのですよ。

 

自分はもうミドルエイジだし、いまさらシミやそばかすが増えたって変わりないですよね。

例えデメリットで人生が短くなったとしても、自分のなりたい姿を目指したい!

そう思うのです。

 

もしそれで悪いことが起こったとしても、自分自身で決めたことであれば、納得も出来ます。

例えマイナスな出来事でも、自分で決めた結果なら。

 

ちょんとケアをしていれば、そこまでマイナスにはならないとは思っています。

 

まぁ自分の人生です、楽しみましょう!笑

骨盤を立てると言うこと。

分かっちゃいるんです、腰痛には骨盤を立てるのが良いと言うことは。

 

わたしは腰痛持ちです。

けっこう長い期間、年単位に渡って腰の痛みに悩まされています。

 

腰痛って強弱があるんですよね。

痛みが”まし”になることはたまにあります。

でも痛みがまったくない、”痛みなし”なんて瞬間にはまず出会えません。

 

ずっと痛いわけでもなく、でも同じ姿勢から動き始めた時とかは必ず痛いかもしれません。

例えば、イスに座っている状態から立ち歩く時、この時には必ずと言っていいくらいに腰に違和感を持ってしまいます。

 

腰が楽な時、それはスーパー銭湯の温泉に入った後とか、体操をしている時とか、あとは休日に横になって、ず〜と寝そべっている時でしょうか。笑

楽な態勢を続けているとやっぱり腰は楽ちんですね。

 

腰痛持ちのわたしが最近気になることは、「骨盤を立てる」と言うこと。

骨盤を立てると言うことは、「骨盤を正しい位置におく」と言うことらしいです。

 

イスや床に対して骨盤が水平になっている、これが正しい位置だそうです。

そして骨盤が立っているのが人間にとって負担の少ない一番楽な姿勢だとか。

 

正しい姿勢をとれていないのが腰痛の原因とも言われています。

わたしは骨盤が立っていない!?

確かにわたしは正しい姿勢がとれていない気がします。だって猫背ですもの。

猫背の原因も骨盤が立っていないことが原因みたいです。

 

実は腰痛を感じ始めてから、会社では長時間に渡ってイスに座った姿勢のままなので、おしりの下に厚めのクッションを敷くようになりました。

出来るだけ背もたれにもたれないように頑張ってもいます。

これって今考えると、「骨盤を立てる」姿勢に近づけていたのですね。

言葉は知らなかったのですが、姿勢を良くするのが””腰に良い”と考えていたと言うことなのでしょう。

 

腰痛対応で腰にいろいろなケアをしているつもりです。

意識しない時より、何も気にしていなかった時よりかは、まだ痛みは少ないとは思います。

でもまだダメ。いったん「痛みをゼロにしたい」それがわたしの希望です。

 

これ、何かコロナ禍みたいな気がします。

腰痛の痛みが出てしまっている状態で、「痛みが出る以前の状態にしたい」と言う思い。

すでにコロナが蔓延しているのに、「コロナ禍以前の状態に戻りたい」と言う思い。

 

もしかしたらどちらも…

 

でも、どんな状態だって抗うことは出来ます。

何もしないでいたら悪くなるだけですが、抗って正しいと信じた道を進む、そして信じた方法を試す。

 

とにかく動かないと何も変わりませんからね。